menu

脚本家を養成する
シナリオ・センターの
オンラインマガジン

シナリオ・センター
開講のお知らせ

講座の日程や、受講ポイントを更新
開講のお知らせ

シナリオ・センターの開講情報をお知らせします。ドラマや映画だけでなく小説、戯曲、漫画やアニメの講座の開講、コンクール対策講座もあります。

「月刊シナリオ教室」7月号は、コンクール受賞作4編を一挙掲載!

令和4年度橋田賞新人脚本賞の結果発表!

昨年930日に募集が締め切られた令和4年度「橋田賞新人脚本賞」の最終審査結果が発表されました。

入選作は映像化を予定されていましたが、今回は佳作1編のみの選出になりました。

受賞したのは、大阪校の長島清美さん『ビリーヴ』。

長島さんのインタビューとともに、受賞作を掲載いたします。

社内異動で悪戦苦闘している52歳の主人公の元に、突然初恋の女性からラブレターが届き――

シニア男性の可愛らしさに、思わずキュンと来るドラマです。

次回の橋田賞は従来の1時間ものに加えて短編部門も新設され、締め切りは今年の10月!

応募要項も載せていますので、皆さんも応募の準備を始めましょう!

>>こちらのブログも併せてご覧ください。
笑いあり涙ありのドラマを/令和4年度橋田賞新人脚本賞 長島清美さん

令和4年度橋田賞新人脚本賞 長島清美さん

伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞2022の結果発表!

群馬県中之条町で開催される“山の中の小さくて大きい映画祭”伊参スタジオ映画祭。

プログラムの目玉である「シナリオ大賞」は、シナリオ・センター生にはおなじみですよね。

受賞シナリオは作者の手で映画化され、翌年の映画祭にて上映されるのが恒例となっています。

……が、コロナ禍等を経て、今後は少しシナリオ大賞の方針が変わっていきそうです。

審査員の篠原哲雄監督、坂井昌三さんに、講評と今後の展望など寄稿していただきました。

今後応募される方は必読の内容です。

今年受賞された中で、シナリオ・センター所属の方は3名いらっしゃいました。

審査員奨励賞受賞の本田周さん『二人乗りの頃』

藤田健司さん『クスミノブコのお目覚め』

上毛新聞社賞受賞の片岡けんたさん『ルーズボール』

の3編を掲載。

お三方には、受賞のことばも寄せていただいています!

>>ご参考までに、こちらの記事もご覧ください。
伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞2019大賞受賞/中野優子さん

朝ドラ『舞いあがれ!』を書き終えた桑原亮子さんのインタビュー

今年3月に最終回を迎えたNHK朝の連続テレビ小説『舞いあがれ!』。

夢中になってごらんになった方も多いのではないでしょうか。

今号では、同作の脚本を担当された桑原亮子さんのインタビューを巻頭掲載。

ラジオドラマコンクールがキッカケでプロの道に入られ、連ドラ『心の傷を癒すということ』など映像作品も手掛けられました。

劇中で登場人物たちが紡ぐ短歌は、歌人でもある桑原さんが作られたんです。

その短歌の数々は『トビウオが飛ぶとき』という歌集にまとめられ、好評販売中です。

劇中の短歌が書籍になるというのは珍しいことなのでは。

『舞いあがれ!』ファンの皆さんが喜びそうな裏話も。

>>以前コメントをいただいたこちらの記事も併せてご覧ください。
『心の傷を癒すということ』を書いて/脚本家 桑原亮子さん

出身ライター坂口理子さんのミソ帳倶楽部ダイジェスト!

3月4日に開催された、坂口理子さんのミソ帳倶楽部の内容をダイジェストにしてお届け。

坂口さんといえば、最新作『銀河鉄道の父』や、スタジオジブリのアニメ『かぐや姫の物語』といった映画のほか、連ドラ・舞台・ミュージカルなどなど様々なジャンルでご活躍中です。

初めてのジャンルのオファーが来た時、普通だったら尻込みしてしまうこともありそうですが、坂口さんは「プラットホームが違うだけ」とポジティブに捉えて、チャレンジするそうです。

昔と違い、今はどんどん新しい媒体が出てきます。

シナリオライターも対応していかなくては、時代に置いて行かれてしまいますね。

坂口さんの「やってみよう!」という姿勢を見習って、苦手なジャンルのコンペにも応募してみませんか?

>>こちらの記事も併せてご覧ください。
脚本家 坂口理子さんに聞く/映画『銀河鉄道の父』や舞台ユニット「Project未來圏」について

脚本は設計図/脚本家 坂口理子さんに学ぶ

脚本家 坂口理子さんに聞く

コンクール募集要項4件掲載

シナリオコンクールに応募したいと考えている方は必見です。

 

「第44回BKラジオドラマ脚本賞」 締切2023年7月31日

「第45回シナリオS1グランプリ」 締切2023年8月21日

「舞台脚本コンクール2023」 締切2023年8月26日

「令和5年度橋田賞新人脚本賞」締切2023年10月15日(短編)/10月31日(1時間)

 

以上4コンクールの応募要項が掲載されています。

締め切りはもう目前。

いますぐ、エンジン全開で執筆を始めてくださいね!

こちらも事務局にて販売しています。

>>ご参考までに、こちらの記事もご覧ください。
第43回 BKラジオドラマ脚本賞受賞者に学ぶ

見逃せない、ためになる連載も盛りだくさん!

毎月連載している寄稿署名原稿も、シナリオ学習に役立つ内容が満載。

ほかにも、独自の切り口で分析する映画コラムや、シナリオをベースにした小説の書き方、サブカルやアニキャラまで、話題満載な「月刊シナリオ教室」7月号。

税込み700円で、シナリオ・センター事務局にて販売中です。

一般の書店では、ジュンク堂池袋本店(9階芸術書コーナー)でのみ、販売しています。

直接おいでになれない方は、お電話をいただければ郵送での販売も致しております。

自宅まで毎月雑誌が届く「一(いち)の会」のシステムもあります。

毎月1回、年間12冊届いて1年間(郵送料込み)8580円とお得です。

ぜひご利用ください。

お問い合わせは

シナリオ・センター事務局TEL03-3407-6936

scenario@scenario.co.jp

までお気軽にどうぞ。

「シナリオは、だれでもうまくなれます」

「基礎さえしっかりしていれば、いま書いているライターぐらいには到達することは可能です」

と、新井一は言っています。

“最初の一歩”として、各講座に向けた体験ワークショップもオススメです。

※シナリオ作家養成講座とシナリオ8週間講座は、オンライン受講も可能です。
詳しくは講座のページへ

シナリオ作家養成講座(6ヶ月)

シナリオ8週間講座(2ヶ月)

シナリオ通信講座 基礎科(6ヶ月)

お電話でのお申込み・お問い合わせ
TEL 03-3407-6936
営業日時(日祝休)
月曜日〜金曜日 10:00〜20:30
※土曜日は19:30まで

おすすめ記事

2024.02.27
月刊シナリオ教室3月号は、待望のアニメシナリオ掲載!
月刊シナリオ教室2024年2月号
2024.01.31
月刊シナリオ教室2月号は「舞台脚本コンクール2023」結果発表!
「創作初心者でも書けるようになるのかな?」とお悩みでしたらシナリオの技術!
2024.01.18
「創作初心者でも書けるようになるのかな?」と
お悩みでしたらシナリオの技術!
脚本家になるために何が必要か分かる場所/ミソ帳フェス2023より
2024.01.11
“脚本家になるために何が必要か分かる場”になれば
『ミソ帳フェス 2023』より
2023.12.23
月刊シナリオ教室1月号は、コンクール受賞作3編掲載!

過去記事一覧

  • 表参道シナリオ日記
  • シナリオTIPS
  • 開講のお知らせ
  • 日本中にシナリオを!
  • 背のびしてしゃれおつ