menu

脚本家を養成する
シナリオ・センターの
オンラインマガジン

シナリオ・センター
開講のお知らせ

講座の日程や、受講ポイントを更新
開講のお知らせ

シナリオ・センターの開講情報をお知らせします。ドラマや映画だけでなく小説、戯曲、漫画やアニメの講座の開講、コンクール対策講座もあります。

登場人物に共感 してもらうには二面性

「観客や視聴者が登場人物に共感できるように描け、とか、魅力的に描け、と言われてもよく分からない…」というかたは、登場人物に“二面性”を付けましょう。完璧な人よりも、ちょっと欠陥がある人を応援したくなる、という人間の心理を使うのです!

シナリオ・センター創設者・新井一は、『シナリオの基礎技術』『シナリオの技術』などシナリオの書き方に関する書籍をいくつも執筆しています。また、『月刊シナリオ教室』でも連載ページをもち、シナリオの技術を解説していました。その記事は、いま読んでも全く色褪せていません。

そこで、当時の記事を皆さんにご紹介。「シナリオってどう書くの?」という初心者の方も、「一度学んだけど、忘れちゃった…」という方も、これを読めばシナリオ作りが一層はかどります!

お客をその気にさせるには

あなたが推理小説を読む時、状況を考えながら、「ふむ、あまり犯人らしいから犯人じゃないぞ、むしろ清潔な貴公子みたいな顔をしているから、こっちが犯人かもしれない」なんて考えますね。

推理小説は、これがあるから面白いのです。「誰が犯人になったって大したことはないさ」では面白くも何ともありません。どういうことかというと、読者をいつの間にか事件の中に引っぱり込んでおく必要があります。「どうでもいいや」ではいけないのです。

人物に惚れ込ませなければなりません。ものの本によると、「人物に魅力をつけなければいけない」と書いてあります。その通りですが、いい男やいい女がお客さんが出来ないことをやってくれて、それを第三者的に眺めるだけではダメなのです。

登場人物に欠陥を付ける

お客と登場人物とが、いつの間にか一緒になって、愛おしく思ったり、いじめられていた弱い人が、もう我慢できない、堪忍袋の緒が切れたとタンカを切ったりすると、まるで自分がやったような気分になります。

人間、誰でも悪を憎みますが、ドラマの中では大変悪を憎みます。勧善懲悪が、徳川の時代からずっとお芝居のテーマになっていたのでもわかるでしょう。しかし非の打ちどころのない人物が悪を懲らしめるだけでは、お客は登場人物の気分にはならないのです。

一致させるのにいちばんいいやり方は、人間の二面性を利用することなのです。

例えば、正義心に強く、チャンバラも強い、これだけでは、主人公は自分のものとはなりません。

そこで、腹っぺらしでその上お金に縁がなく、庶民一般と同じとなると、時代劇『三匹が斬る!』の役所広司の浪人役がそうですね。そうした生活の部分があると、「あー、ああいうことはあるよ」と思って、同感するのです。

そうした人間が持つ欠陥みたいなものを付けてあると、その人物は生きている人間らしく、生き生きとしてきて、お客は一緒になって心配してくれるのです。

出典:『月刊シナリオ教室』1995年8月号 「新井一 通信生を応援する!」/2016年8月号「新井一.com」
次回は8月11日に更新予定です

※「でもまだ二面性ってどう考えればいいかよく分からない」という方は、こちらの記事「脚本を面白くする登場人物の描き方」も併せてご覧ください。

“だれでも最初は基礎講座から”~基礎講座コースについて~

今回の記事をご覧になって「ちょっとシナリオ、書いてみたいな…」と思われたかた、是非お気軽にいらしてください。

シナリオ・センターの基礎講座では、魅力的なドラマを作るための技術を創作初心者のかたでも楽しく学べます。また映像シナリオの技術は、テレビドラマや映画だけでなく小説など、人間を描くすべての「創作」に応用できます。

まずはこちらの基礎講座で、書くための“土台”を作りましょう。

■シナリオ作家養成講座(6ヶ月) >>詳細はこちら

■シナリオ8週間講座(2ヶ月) >>詳細はこちら

■シナリオ通信講座 基礎科(6ヶ月) >>詳細はこちら

お電話でのお申込み・お問い合わせ
TEL 03-3407-6936
営業日時(日祝休)
月曜日〜金曜日 10:00〜20:30
※土曜日は19:30まで

過去記事一覧

  • 表参道シナリオ日記
  • シナリオTIPS
  • 開講のお知らせ
  • 日本中にシナリオを!
  • 背のびしてしゃれおつ