menu

脚本家を養成する
シナリオ・センターの
オンラインマガジン

シナリオ・センター
開講のお知らせ

講座の日程や、受講ポイントを更新
開講のお知らせ

シナリオ・センターの開講情報をお知らせします。ドラマや映画だけでなく小説、戯曲、漫画やアニメの講座の開講、コンクール対策講座もあります。

脚本を書くとき エンターテインメント に徹する

「エンターテインメント性が足りないと言われたんだけど、そもそもエンターテインメントって何だろう?」というかたは、こちらの記事でお悩み解消!新井一が考えるエンターテインメントの意味を知ると、脚本を書く“姿勢”が変わってきますよ。

シナリオ・センター創設者・新井一は、『シナリオの基礎技術』『シナリオの技術』などシナリオの書き方に関する書籍をいくつも執筆しています。また、『月刊シナリオ教室』でも連載ページをもち、シナリオの技術を解説していました。その記事は、いま読んでも全く色褪せていません。

そこで、当時の記事を皆さんにご紹介。「シナリオってどう書くの?」という初心者の方も、「一度学んだけど、忘れちゃった…」という方も、これを読めばシナリオ作りが一層はかどります!

多くのお客さんに見てもらうために

シナリオを書く場合、それを映像化して、多くのお客さんに見てもらうことが前提です。しかもそのお客さんの数は、あなたの友人の数や年賀状を出す相手の数ではありません。

映画ですと約200万人の観客に観てもらう必要がありますし、テレビですと1桁上で、2千万人の視聴者に見てもらわなければペイ出来ないのです。ですから映画会社やテレビ局では、それくらいの人々を動員できるかということが、企画の前提になっています。

ところでエンターテインメントとは一体何でしょう。字引を引いてみますと、「娯楽」「楽しませるもの」と書いてありますが、もうひとつの意味に「ごちそうする」とか「もてなす」ということもいっています。

エンターテインメント=「もてなし」という愛情に裏打ちされた智恵

料理を作る場合、もちろん自分自身のために作ることもありますが、多くは家族のためとか、最愛なる亭主のため、または仲良しの仲間のために作ります。自分のことはさておき、どんなものを作れば「おいしい」と言って喜んでくれるかなと考えます。

あの人はお肉料理が好きだから、ステーキにして、焼き加減はレアがいいとか、どうすれば喜んでくれるかなと考えます。それは「もてなす」精神としては当たり前で、妥協でもお世辞でもありません。

それが健康のために良いからといって、お客さんの好みを無視して、野菜ジュースだけを出したらどうでしょう?このやり方こそが「ひとりよがり」というものです。

もてなしをして、お客さんが本当に喜んでくれるためには、お客さんのことを知ることが必要です。好みは何か、求めているものは何であるかを知る必要があります。

しかし、好みを知ったからと言って、好みの通りにしてはいけません。お客さんの中には、しょっぱいものが好きでも、塩分を控えなければいけない人もいます。そこで、塩分を控えることを考えながら、それを上回る料理を作ってこそ、「もてなし」となるのです。

「もてなし」というのは、そうしたお客さんに対する愛情が基本なのです。妥協ではなく、愛情に裏打ちされた智恵なのです。この智恵がエンターテインメントなのです。

出典:『月刊シナリオ教室』1994年3月号 「新井一 十則集」/2015年8月号「新井一.com」
次回は8月18日に更新予定です

“だれでも最初は基礎講座から”~基礎講座コースについて~

今回の記事をご覧になって「ちょっとシナリオ、書いてみたいな…」と思われたかた、是非お気軽にいらしてください。

シナリオ・センターの基礎講座では、魅力的なドラマを作るための技術を創作初心者のかたでも楽しく学べます。また映像シナリオの技術は、テレビドラマや映画だけでなく小説など、人間を描くすべての「創作」に応用できます。

まずはこちらの基礎講座で、書くための“土台”を作りましょう。

■シナリオ作家養成講座(6ヶ月) >>詳細はこちら

■シナリオ8週間講座(2ヶ月) >>詳細はこちら

■シナリオ通信講座 基礎科(6ヶ月) >>詳細はこちら

お電話でのお申込み・お問い合わせ
TEL 03-3407-6936
営業日時(日祝休)
月曜日〜金曜日 10:00〜20:30
※土曜日は19:30まで

過去記事一覧

  • 表参道シナリオ日記
  • シナリオTIPS
  • 開講のお知らせ
  • 日本中にシナリオを!
  • 背のびしてしゃれおつ