menu

脚本家を養成する
シナリオ・センターの
オンラインマガジン

シナリオ・センター
開講のお知らせ

講座の日程や、受講ポイントを更新
開講のお知らせ

シナリオ・センターの開講情報をお知らせします。ドラマや映画だけでなく小説、戯曲、漫画やアニメの講座の開講、コンクール対策講座もあります。

10/2(火)開講「売れるアイデア・企画の立て方講座」

柏田道夫の「企画の立て方」(映人社)

企画の魅力を、プロデューサーに伝えるための 企画書講座

企画書講座の講師は、『企画の立て方』等の著者、シナリオ・センター人気講師の柏田道夫が担当します。

最終日には、ゲスト講師として、現役プロデューサーをお招きして、現場での企画の話やプロデューサーとして関わってきた作品、今後取り組みたい作品のお話などをお聴きします。

「武士の家計簿」「武士の献立」脚本の柏田道夫が教える企画のコツ

「書ける人いない?」
シナリオ・センターは、たくさんの才能のある皆さんを抱えているのですから、ライターズバンクでは、もちろん胸を張ってご紹介しています。
ところが、なかなか企画が通らない! 売れない! なぜでしょう?
答えは簡単です。売れる商品としての企画書になっていないからです。

企画書は、ストーリーを要約することではありません。まず、あなたの描きたいものを明確にし、「この企画を基に作品を作れば、お客さんはこんな感情を抱きますよ、ヒットしますよ」とプロデューサーにイメージさせることです。

このイメージとはなにか。企画書のプロットの中から、映像が彷彿しドラマがみえてくる事です。ほとんどの人の企画書は、この肝が書けていないのです。だから、プロデューサーに熱意も企画の魅力も伝わらない。企画を買ってもらえない、シナリオを書かせてもらえないのです。

この講座では、「売れるための肝」を的確に学びます。

ライターズバンク登録者の方で、企画書の基本の技術を知らない方には、仕事の発注ができません。必ず受講してください。内部生の方は、登録前に、勉強されておくと有利です。

プロデューサーが求める脚本家とは!?
企画書講座 カリキュラム

10/2(火) 企画ってどんなもの?
      ・企画の実際 ・スタイル
      ・書類によるプレゼンのポイント

10/9(火) アイデアの見つけ方
      ・ネタ⇒アイデア⇒企画の違い ・タイトルと企画意図で決まる
      ・ダメなプロットと通用するプロット ・キャラクターのポイント

10/23(火) 映画とドラマ企画の実際
      ・メディアごと企画の通し方 ・原作とオリジナルのアプローチ

10/30(火) 現場からの提案 ハラハラドキドキのドラマを!
      ・現役プロデューサーの提言
      ・企画募集 

※内容が変更になることもありますのでご了承ください。

★初回、二回目に宿題がでます。宿題が講座で題材として使われる場合があります。
宿題は柏田がコメントをつけてお返しします。(宿題は提出しなくても受講可能です)
★受講生のみを対象に企画募集を行います。(都合により変更になる場合もありますので、ご了承ください)

売れるアイデア・企画の立て方講座

期間
2018/10/2・9・23・30日 毎週火曜日(全4回)
時間
18:30~20:30
講師
柏田道夫(シナリオ・センター講師)
定員
80名(残席わずか:定員になり次第、キャンセル待ちとなります)
会場
シナリオ・センター 3階ホール
受講料
15,000円(税込):会 員(講座生・ゼミ生)
17,000円(税込):元会員(一の会・修了者・退会者)
20,000円(税込):一 般(シナリオ・センターでの受講未経験者)
お申込
下記の申込フォーム、お電話、来所のいずれかにて、お申込ください。
お支払
銀行振込、または事務局にて、事前にお支払ください。開講間近の場合は事務局で現金にてお支払ください。

※お支払い頂き、お申込完了となります。メールにお振込先をご連絡させて頂きます。ご入金をもって、お申込完了になります。ご予約のみの場合は、キャンセル待ちになる場合がありますのでご了承ください。
※アドバンス講座は、授業内容のフォローはございませんので、ご了承ください。
※同一時間帯のゼミを欠席の場合は、在籍料(3,000円)は免除。ゼミに出席の場合は、出席料(8,500円)が発生します。
※ライターズバンク登録者の方で、企画書の基本の技術を知らない方には、仕事の発注ができません。必ず受講してください。内部生の方は、登録前に、勉強されておくと有利です。

企画書講座を受講の方の限定特典!

企画書講座の受講生は、1,000円(会員価格2,000円)の特別価格で受講できます!

【10/16(火) Theミソ帳倶楽部 脚本家 李正姫×プロデューサー木村元子】
出身ライターの李正姫さんと木村元子プロデューサーに映画『覚悟はいいかそこの女子』のどのように企画が立ち上がり、シナリオを描いていくのかお話しいただきます。

【受講を迷っている方は、こちら】
企画書講座は、アイデアの発想やメディアによる打ち出し方の違いなど、学ぶべきところがたくさんあります。プロになる上で必ず必要になります。今年はどんなことが学べるのか!?是非、ご受講ください!
【2016年 企画書講座 より】その企画書、真夜中の妄想?それともカレーライス?
【2016年 企画書講座 より】人、人、人、が集まるところ

お電話でのお申込み・お問い合わせ
TEL 03-3407-6936
営業日時(日祝休)
月曜日〜金曜日 10:00〜20:30
※土曜日は19:30まで
  • 申し込む[会員・元会員]
  • 申し込む[一般]

過去記事一覧

  • 表参道シナリオ日記
  • シナリオTIPS
  • 開講のお知らせ
  • 日本中にシナリオを!
  • 背のびしてしゃれおつ