menu

脚本家を養成する
シナリオ・センターの
オンラインマガジン

シナリオ・センター
日本中にシナリオを

みんなの人生にもシナリオは活きている
日本中にシナリオを!

子どもからお年寄りまで、すべての人にシナリオの力を!
あなたの毎日に役立つシナリオの活用例がここにあります。

電車の中でもできる想像力を鍛える方法

想像力を鍛えるには?

なぜ、想像力を鍛える必要があるのか

私たちが生きていく上で、想像力は欠かせません。
様々な問題が起きたときに、よく想像力が足りないと言ったりします。それは、社会的にインパクトのある問題でも、身近な人間関係の問題でも同じように言われます。

より良く生きていくためには、想像力は欠かせないもののようです。では、想像力とは、どうやったら鍛えることができるのでしょうか。お子さんから、ビジネスパーソンまで効果的な想像力を鍛える3つの方法をお伝えします。

そもそも想像力とは

広辞苑で「想像」という言葉を調べると、下記のように書いてあります。

「想像」
実際に経験していないことを、こうではないかとおしはかること。

「想像力」
想像をする心的能力。哲学上、カントにおいては感性と悟性とを関係づける能力を意味する。

想像力とは、実際には自分が経験していないことを、想像する心持ちだと言えるようです。
だとすると、想像力が欠けている状態というのは、自分が経験してないことについて、おしはかることをしていない状態といえるのはないでしょうか。なんだか、冷たい人、自分本位の人のような感じがしてしまいます。

想像力を鍛えるには、想像をする

想像力を鍛える一番簡単な方法は、想像することです。
禅問答のようですが、無理やりにでも、自分が経験していないこと、知らない世界に想いを馳せることが、想像力を鍛える手っ取り早い方法といえます。

想像力を鍛える方法、その1。電車 編

電車の中で、手軽にできる想像力を鍛える方法を紹介します。とても簡単です。電車に乗った際に、目の前に座っている方や近くにいる方をそれとなく観察します。

でも、単に観察するだけでは意味がありません。

その人の着ているものや立ち振る舞いから、勝手に名前を想像します。さらに、響きだけではなく、漢字まで想像していくと、さらにいいと思います。例えば、はなこさんでも、「花子」なのか「華子」なのか「葉菜子」なのか…その人にあった雰囲気の感じを思い浮かべてください。やってみると、結構楽しいはずです。

さらに余力があれば、その人がどこの駅で降りて、誰と会って、どんな会話をしそうなのかを想像してみてください。想像力がどんどん鍛えられます。

ちなみに、この方法は「あぐり」や「3年B組金八先生」シリーズの脚本を執筆された脚本家の清水有生さんが若手の時に、想像力を鍛えるために実践した方法だそうです。

想像力を鍛える方法、その2。もしも 編

「もしも~だったら」というのは、想像力を鍛えるうってつけの方法です。「もしも」と考え出した瞬間に、実際には自分が経験していないことを想像するスイッチが入ります。

 例えば、
「もしも、自分が総理大臣だったら…」

「もしも、違う世代だったら…」

「もしも、違う性別だったら…」

「もしも、違う国に生まれていたら…」

と、いう感じです。

ただ、これだけだと、あまりにも想像の範囲が広くなり過ぎて、イメージが浮かびません。なので、あるシーンを想定してください。
例えば、上記の「もしも~」に、友人夫婦に結婚式でのスピーチを頼まれているシーンを想定してみてはどうでしょうか。どこで、どんなタイプの友人に、どんな風に頼まれるのか、その時の会話や表情まで想像してみてください。

想像力を鍛える方法、その3。ドラマ 編

ここまでの2つの方法以上に、より想像力を鍛える方法があります。それは、ドラマを作ることです。

なぜ、ドラマを作ることが、想像力を鍛えるのでしょうか。
想像力とは、強制的に自分以外の人の立場になって考えることで、想像力は鍛えられます。

ドラマを作るには、登場人物すべてのキャラクター(性格、特長、見た目)を考え、すべての登場人物になったつもりで、セリフやト書(動作やしくさ)を考えていきます。
ただし、ドラマを作るからといって、大げさに構える必要はありません。その2で紹介した方法に、ちょっとしたエッセンスを加えればいいのです。

それは、自分が○○になって…ではなく、「もしも、○○なキャラクターの総理大臣がいて、○○なキャラクターの友人夫婦に結婚式でのスピーチを頼まれているシーン」を、シナリオにするのです。
こうすることで、自分以外の登場人物を描く感覚になるので、より想像力を鍛えることができます。
シナリオの書き方について知りたい方は、こちら>>シナリオ・脚本の 書き方 3分で疑問解決!

想像力は、日常にもビジネスにも重要

想像力こそ、問題や人間関係のいざこざや些細なすれ違いを未然に防いでくれるものなのです。世代を問わず、日本中の人に想像力が必要です。

特に、様々な人と関わり、様々なキャラクターを動かしていかなくてはいけないマネジメント層の人達には、マネジメント論のような理論に加えて、シナリオを描いて想像力を豊かにする方法もあるのではないかと思います。
実際にシナリオを導入して社内の風通しを良くしている事例です。>>身内だからこそうまくいかない社内調整。合意形成のコツは?

エグゼクティブこそアートの経験をすべき、これは世界的な流れです。温かみのある“しなやかな想像力”を、身につけてみるものいいのではないでしょうか。

しなやかな想像力を鍛えたいなら…

シナリオ・センターは、ジェームス三木さん、内館牧子さん、赤川次郎さん、鈴木光司さんなど600名以上の脚本家、小説家を業界一輩出した学校です。

シナリオの専門教育機関として、日本中のビジネスパーソンの想像力を豊かにするためのビジネスシナリオ研修を、シナリオ・センターでは2010年から実施しています。これまで8000名以上に受講頂いています。

詳しくは、こちらまで >>ビジネスシナリオについて

想像力を鍛えるための研修内容について、もう少し詳しく知りたいという方は、詳しい資料をお送りさせて頂きます。「ビジネスシナリオ」をチェックの上、下記からお気軽にお問合せください。

お問い合わせ

過去記事一覧

  • 表参道シナリオ日記
  • シナリオTIPS
  • 開講のお知らせ
  • 日本中にシナリオを!
  • 背のびしてしゃれおつ