menu

脚本家を養成する
シナリオ・センターの
オンラインマガジン

シナリオ・センター
開講のお知らせ

講座の日程や、受講ポイントを更新
開講のお知らせ

シナリオ・センターの開講情報をお知らせします。ドラマや映画だけでなく小説、戯曲、漫画やアニメの講座の開講、コンクール対策講座もあります。

登場人物の関係性 “不安定”も魅力のもと

「登場人物のキャラクターをしっかり設定しているのに面白いシナリオが書けない…」とお悩みの方。新井一は「もうひとつ先のことを考えてみましょう」と言っています。“先のこと”とは何か、解説いたします。

シナリオ・センター創設者・新井一は、『シナリオの基礎技術』『シナリオの技術』などシナリオの書き方に関する書籍をいくつも執筆しています。また、『月刊シナリオ教室』でも連載ページをもち、シナリオの技術を解説していました。その記事は、いま読んでも全く色褪せていません。

そこで、当時の記事を皆さんにご紹介。「シナリオってどう書くの?」という初心者の方も、「一度学んだけど、忘れちゃった…」という方も、これを読めばシナリオ作りが一層はかどります!

感情の波長がドラマを作る

人物を追求するとなると、私たちは登場人物個人について、力を入れて、あれやこれやと考えます。

でもそれだけでなく、もうひとつ先のことを考えてみましょう。それは人物と人物の関係です。人物同士の関係というか、感情の波長がドラマを作っていくのです。

例えばメロドラマなら、今まで嫌な奴だと互いに思っていたのに、何かあって、「あんなにいい人なんだ」と思って、それからお互いに近づきます。ところが、またあることがあって、やっぱり嫌な人だったと、二人の間の関係は遠のきます。

こんなふうにメロドラマに限らず、すべてのドラマというのは、親しくなったり嫌になったりしながら、進行していくものです。ですから、この二人の関係にずっと注目していかなければなりません。

不安定な関係の方がドラマは出来やすい

初心者の人にホームドラマを書いてもらうと、夫婦仲は良く、親は子どもを可愛がり、子どもはお父さんとお母さんのことが大好きで、という設定にしますが、それではドラマは起こりません。ホームドラマでも、横っ面張り倒してやりたいほど憎い時もあるでしょうし、抱きしめてやりたい時もあるわけです。

しかし円満でなく、何か不安定な関係の方がドラマは出来やすいですね。親子の生活はしているけれども、実は本当の親子ではない設定のほうが、ドラマは進行しやすいのです。

例えば三浦綾子先生の名作、『氷点』などは、自分たち夫婦が可愛がっていた娘が誘拐されて殺され、娘の代わりに同い年の犯人の娘を引き取って、我が子のように育てます。こうした関係にした方が、何かが起こるかな?という予感がしますし、実際にうまくドラマは進展していきます。

『ひらり』(内館牧子作)は、姉妹が同じ一人の男性を愛するようになります。大変複雑な感情の波長が出来ます。三角関係は感情の波長が充分に発揮できる要素があるので、いろいろなドラマで使われるわけです。

しかもこれに義理人情のカセがからむと、余計にドラマが濃くなります。

出典:『月刊シナリオ教室』1993年5月号「新井一 十則集」/2014年11月号「新井一.com」
次回は9月7日に更新予定です

“だれでも最初は基礎講座から”~基礎講座コースについて~

今回の記事をご覧になって「ちょっとシナリオ、書いてみたいな…」と思われたかた、是非お気軽にご参加ください。

シナリオ・センターの基礎講座では、魅力的なドラマを作るための技術を創作初心者のかたでも楽しく学べます。また映像シナリオの技術は、テレビドラマや映画だけでなく小説など、人間を描くすべての「創作」に応用できます。

まずはこちらの基礎講座で、書くための“土台”を作りましょう。

■シナリオ作家養成講座(6ヶ月) >>詳細はこちら

■シナリオ8週間講座(2ヶ月) >>詳細はこちら

■シナリオ通信講座 基礎科(6ヶ月) >>詳細はこちら

お電話でのお申込み・お問い合わせ
TEL 03-3407-6936
営業日時(日祝休)
月曜日〜金曜日 10:00〜20:30
※土曜日は19:30まで

過去記事一覧

  • 表参道シナリオ日記
  • シナリオTIPS
  • 開講のお知らせ
  • 日本中にシナリオを!
  • 背のびしてしゃれおつ