menu

脚本家を養成する
シナリオ・センターの
オンラインマガジン

シナリオ・センター
日本中にシナリオを

みんなの人生にもシナリオは活きている
日本中にシナリオを!

子どもからお年寄りまで、すべての人にシナリオの力を!
あなたの毎日に役立つシナリオの活用例がここにあります。

夏の宿題。感想文が書けない!そんなお子さんのお悩み解決

キッズシナリオでは、子どもたちにシナリオ創作に挑戦してもらっています

感想文が書けない!そんな時に有効な感想文の書き方とは

感想文が書き方がわからない…全然書けない…
そんなお悩みを持つお子さんは、たくさんいるかと思います。

そんな時に「いいから読んで、書きなさい!」
と、言ってもお子さんが書けるようになるわけではありません。これ、断言できます。なぜなら、わたくしシナリオ・センターの新井自身がそんな子どもだったからです。

なんせ小学3年生くらいの時に、「トム・ソーヤの大冒険」を読んで(読んだことにして)書いた感想文が、『トムの大冒険はすごかった。僕も、トムのような大冒険をしたい』の1行で終わってしまったからです。先生に怒られたのは、言うまでもありません。

「感想文書けない!」と言われたらすべき4つアドバイス

では、お子さんが「感想文が書けない!」といったら、どうすればいいのか。
書けない原因は、大きく二つあります。
・そもそも作品自体をうまく読めない。
・うまく読めないから、結果どう書けばいいかわからない。

なので、まずはどう読めばいいか、お子さんへアドバイスをしてあげてください。
その時のポイントは、作者の頭の中にそって考えること。これができれば、実は感想文が、チョー簡単に!書けちゃいます。

これは、感想文の書けなかった新井式ではありません。赤川次郎さんや鈴木光司さん、柚木麻子さんなど、多くの小説家や、毎クール連ドラの7割以上を執筆する脚本家を養成してきたシナリオ・センター式ですので、ご安心を。

感想文の書き方のポイントはこちら。

・キャラクター軸で考える
・主人公が何に困っているか、考える
・クライマックスで主人公が変化する場面を探す
・言いたいことを、一つに絞る

この4つ。この4つさえ押えちゃえば、ダラダラあらすじを写すとかズルをせずに、少なくとも原稿用紙3枚は書けます!というか、たぶん書くの楽しくなります。是非、お子さんへのアドバイスの参考にしてください。

※書くのが好き!というお子さんには、>>2つのポイントで脚本を書けば、ずーっと書いていたくなる!をお読みいただけると、より創造性を伸ばすると思います。

感想文は、主人公のキャラクター軸で考えると書ける!

ドラマとは、登場人物(特に主人公)の成長や変化を描くものです。これ、当たり前すぎで忘れがち。
なので、作者がどんな主人公の、どんな成長や変化を描きたいのかが読み取れればいいわけです。

そこでまず注目したいのが、主人公。

選んだ作品を読むときのポイントを、押えましょう。
ずばり、
①どんな主人公が
②どうなるのか

が、掴めてしまえば、感想文はこっちのものです。

しかも、①のどんな主人公なのか
については、小説でも、映画やドラマでも、作者は早めに書きます。

なぜなら、起承転結の「起」の機能は、天地人の紹介だからです。
天:時代の紹介
地:場所の紹介
人:人物の紹介

なので、最初の10ページも読めば、主人公のキャラクターは掴めます。最初の10ページですよ!楽ちんです。
まずは、どんな主人公か、そこだけを意識して作品を読んでみましょう。
>>小説の書き出し のコツ。「天・地・人」を書く

もっと具体的にキャラクターを掴む方法

主人公のキャラクターをより掴みたいという方は、二つの面を探してください。
ひとつは、憧れ性。
もうひとつは、共通性です。

作者は、主人公を魅力的に見せるために、この2つの面を作ります。
なぜなら、読者が思わず主人公をかっこいい、ステキと憧れてしまうようなすごい面と、自分とおんなじようにダメなところや、苦手なものがあるんだな…と思うことで、読者は登場人物に感情移入するからです。

例えば、「ドラえもん」。
何でも完璧にできる『出木杉くん』に、感情移入はしにくいですが、情けないところがあるけど優しい面のある『のび太』には感情移入してしまいます。

主人公に感情移入をして、どんどん先を読んでもらいたい作者は、この二つの面を書いています。これも、作品の序盤から描かれます。

「主人公のどこがすごいと思う?」
「主人公のだめな部分ってどこだと思う?」と聞いてあげてください。

さらに、主人公の二つの面に対して、自分と比べたりしたら…感想文の書くネタになります!
「主人公の○○の部分は、とてもすごいと思った。自分は××だから、特にそう感じた」
「主人公の△△の部分は、自分と同じだと思った。私ももしかしたら、主人公のようにしてしまうかもしれない」や「私もがんばれば、主人公のようにできるかもしれない」とか…

主人公が困っていることを探す

小説でも、ドラマや映画でも、読んでいて(観ていて)ハラハラドキドキするのは、主人公がいろんな問題にぶつかって、困って、それを解決できるかどうか・・・です。

作者は起承転結の「承」で、主人公を困らせまくります。
どんな風に主人公が困り、どんな風に主人公が乗り越えるのか、ココを押させておくと、あとあと感想文が書きやすくなります。

例えば、「○○に主人公が困っていて、それを△△に乗り越える姿に感動した。もしも自分だったら××にしてしまうと思う」と書けます。○と△の部分を、読み解いて、あとは×を考えるだけ。ほら、簡単。

クライマックスで主人公が変化する場面を探す

ここまで来たら「転」を意識します。クライマックスといいます。
クライマックスは、主人公が最大のピンチを乗り越える場面だと考えてください。主人公はココで一番頑張ります。だから、ある意味わかりやすいと思います。主人公が一番頑張っているところを探してください。
クライマックスってどんな感じ?という方は、こちらを参考にどうぞ。>>脚本で魅力的な クライマックス を書く方法

200ページの物語だとしたら、170ページから190ページあたりでしょうか。

ここがわかると、
①どんな主人公が
②どうなるのか

の、②の部分がわかります。

例えば、人はいいけど、いつも積極的に行動できない主人公だったら、最大のピンチをどう克服したいのかに注目していくと、②の部分を掴むことができます。

書きたいことを、一つに絞る

最初の10ページ「起」で、主人公のキャラを掴み、
真ん中のページ「承」で、主人公がどう困っているか、
最後の30ページ「転」で、最大のピンチをどう乗り越えたかを掴む

ことで、
①どんな主人公が
②どうなるのか

が掴めます。映画やドラマの場合は、ページ数を時間に変えれば、ほぼ一緒です。

あとは、一言でいうと何が言いたいのかを考えます。
たとえば、「かっこいいと思った」でも「信じられないと思った」でも「すごいと思った」でも「自分にはできないと思った」でも構いません。
絞った言葉に繋がる主人公の行動や考えに対して、自分がどんな風に思ったかを書いていけば、いっちょあがりです!

これで、原稿用紙3枚はうまるはず。
お子さんが作品をどうとらえ、どう感じたのか、ちゃんと感想文になってでてきますよ。

どうしても、本を読むのが苦手…というお子さんには

原作がある映画を観て、感想文を書くのも手かもしれません。考え方は一緒ですので、感想文の書き方として、ブログの内容を是非、参考にしてください。

もし、書くのが好き!映画が好き!というお子さんがいらっしゃれば、キネマ旬報社さんが実施している「映画感想文コンクール」という取組みもあります。こちらに挑戦してみるのも、いいのではないでしょうか。
詳しくはこちら>>映画と育む、コトバとココロ。映画感想文コンクール2018

シナリオ・センターとは…

シナリオ・センターは、ジェームス三木さん、内館牧子さん、赤川次郎さん、鈴木光司さんなど600名以上の脚本家、小説家を業界一輩出する学校です。毎クールの連続ドラマの7割近くの脚本を、出身ライターが執筆しています。

シナリオの専門教育機関として、子どもたちの想像力と創造性を伸ばすお手伝いをさせて頂いています。
詳しくは、キッズシナリオをご覧ください。

お子様や親御さま向けの出前プログラムも実施しています。詳しい資料もお送りします。お気軽に下記より「キッズシナリオ」までお問合せください。

お問い合わせ

過去記事一覧

  • 表参道シナリオ日記
  • シナリオTIPS
  • 開講のお知らせ
  • 日本中にシナリオを!
  • 背のびしてしゃれおつ