menu

脚本家を養成する
シナリオ・センターの
オンラインマガジン

シナリオ・センター
日本中にシナリオを

みんなの人生にもシナリオは活きている
日本中にシナリオを!

子どもからお年寄りまで、すべての人にシナリオの力を!
あなたの毎日に役立つシナリオの活用例がここにあります。

小学5.6年生から中学生がオンラインで、シナリオや小説など創作に打ちこむ!

小学5.6年生から中学生が対象のオンラインクラス 『考える部屋』6月22日開講

高学年から中学生向けキッズシナリオ講座が誕生!

シナリオ・センターの新井です。

シナリオ・センターでは、2010年から小学校や中学校での出前授業を行うキッズシナリオを実施してきました。これまで、のべ4000名のキッズにシナリオの技術を通して、創作の面白さや想像する楽しさを伝えてきました。
このキッズシナリオを、出前授業だけではなく、年間を通した講座としてカリキュラムを提供していこうと思っています!
時節柄、すべてオンラインでの実施となります。

タイトルは、こちら!
キッズシナリオ プロジェクト『考える部屋』

 

開講は、2021年6月後半を予定しています。現在、詳細を詰めているところです(2021年4月16日現在)。ゴールデンウイーク前には、専用サイトもオープン予定です!!Coming soom!

5月5日(水)子どもの日 『考える部屋』公式サイト公開しました!
>>https://www.scenario.co.jp/project/kids_course/index.html

▼サイトトップのイメージ▼

こんな子たちに参加してもらいたい!

出前授業を10年近く実施してきて、気づいたことがあります。

子どもたちは創作をするのが好き、だということです。
好きな子たちは、キッズシナリオの授業をやると、もう本当に夢中になって取り組んでくれます。通常の出前授業では、45分~50分の授業を2コマ使って実施します。前半に、物語を面白くするコツを伝えて、それをもとに20分くらいで実際にシナリオを書いていきます。このときの集中力たるや……ホントにすごい。

この熱量を、数回の授業で終えてしまうのはもったいないと思うのです。
さらに、そういう子たちは、オリジナルの物語を書いたり、マンガを作ったりしています。書きたくて仕方ないんですね。

なので、キッズシナリオ『考える部屋』では、創作をするのが好きで好きでしょうがない子や、創作をしたいんだけど、「自分一人ではなんだかどうしていいかわからない……」という子たちに参加してもらいたいと思っています。

うまい下手は、この時点ではまったく関係なく!!

 

▼出前授業での子どもたちの様子▼

子どものころにあったらよかったのに……

「中学生のときに、脚本家っていう仕事があるんだって知って、そこから大学に入るまで、ずっと悶々としていた気がします」

そんなことを、事務局の田中君が話してくれました。田中君は、中学生の時に三谷幸喜さんのドラマを観て、脚本家という仕事に興味を持ったそうです。でも、興味をもったところで、何をしていいかもわからず、脚本をどう書くかもわからずにいたそうです。

同じように、講師や出身ライターの方々にキッズシナリオの話をすると、

「自分が子どものころにあったら、すごいよかったのに!」

と、言ってくださいます。

もしかしたら、田中君のような思いを抱えていた方は多かったのかもしれません。

いまは、ネットで情報がありますが、それでも小学生や中学生が、自分で物語を作るには限界があると思います。それに物語を作りたいと思っている子たちの想像力は、とてつもないです。自分の想像力に表現力が追いつかずに歯がゆい思いをしている子も多いと思います。

書きたい!という思いを、書ける!!に変えていく取組みなればと思っています。

 

▼自家製のかりんジャムをPRする動画を作る中学生の皆さん▼

『考える部屋』で、創作漬けになる

『考える部屋』は、1年間で創作に必要な技術や発想を、楽しみながら身につけていきます。6ヶ月後に中間発表会、1年後に総決算の大発表会を開催します。大発表会では、短編映像を作って、参加者の親御さんや友達にも参加してもらおうと思っています。

実際の授業は、時節柄すべてオンラインで実施します。隔週でライブ授業を実施し、ライブ授業前には、『プレVTR』で、あらかじめ授業内容を把握してから参加できます。反転授業という仕組みだそうです。

『考える部屋』に参加する子どもたちに伝える技術や発想は、『シナリオの基礎技術』と、これまでキッズシナリオが実践してきた内容を基にしています。

物語つくりが大好きな子どもたちにとって、創作にひたすら打ち込める場所、それが『考える部屋』です。学校とも塾とも、家とも違います。なにより、そこには正解というものがありません。なぜなら、創作には正解も不正解もないからです。

『何を伝えるか』は、子ども達自身が、それぞれの『作家の眼』で考えるものです。私たちは、『どう伝えるか』をサポートしていきます。それはシナリオ・センターのポリシーでもあります。『考える部屋』では子どもたちが考え、創作する時間を大切にしていきたいと思います。

 

▼2020年自粛期間中に実施:ものがたりを楽しくつくろ〜▼

専用サイトもオープン予定です。

キッズシナリオプロジェクト『考える部屋』の詳細は、もう少々お待ちください。
今年2021年のゴールデンウイーク前には、専用サイトから詳細をご覧頂けると思います。

「うちの子、物語作ってるみたいなんだけど……」という親御さんは、是非、お子さんにおススメください!

https://www.scenario.co.jp/project/kids_course/index.html

専用サイトがオープンしました!お問合せお待ちしております。https://www.scenario.co.jp/project/kids_course/index.html

お問い合わせ

過去記事一覧

  • 表参道シナリオ日記
  • シナリオTIPS
  • 開講のお知らせ
  • 日本中にシナリオを!
  • 背のびしてしゃれおつ