menu

脚本家を養成する
シナリオ・センターの
オンラインマガジン

シナリオ・センター
開講のお知らせ

講座の日程や、受講ポイントを更新
開講のお知らせ

シナリオ・センターの開講情報をお知らせします。ドラマや映画だけでなく小説、戯曲、漫画やアニメの講座の開講、コンクール対策講座もあります。

よくあるストーリー にならないように

「“よくあるストーリー”になっちゃうんだよな……」とお悩みのかた、そうならないためには何を意識したらいいか、をご紹介します。

シナリオ・センター創設者・新井一は、『シナリオの基礎技術』『シナリオの技術』などシナリオの書き方に関する書籍をいくつも執筆しています。また、『月刊シナリオ教室』でも連載ページをもち、シナリオの技術を解説していました。その記事は、いま読んでも全く色褪せていません。

そこで、当時の記事を皆さんにご紹介。「シナリオってどう書くの?」という初心者の方も、「一度学んだけど、忘れちゃった…」という方も、これを読めばシナリオ作りが一層はかどります!

人の胸を打つのは「人間」。だから人間を描く。

小説でも戯曲でも、もちろんシナリオも、究極は人間を描くことに外なりません。

なぜ人間を描くのでしょうか。ギリシャ時代から何億という脚本や小説が書かれて、いろいろな人が描かれ、それを見ている人を感動させたり、泣かせたり、笑わせてきました。

人の胸を打つのは人間ですから、何億と書かれようと、人間の気持ちは無尽蔵。しかも人間の気持ちは複雑で裏と表、本音と建前があります。あの人妻に恋していけないという気持ちと、どうしてもあきらめきれない本音があります。人間には業というか、押さえきれない欲望と理性との闘いがあります。

そうしたものは作者の視点によって、いろいろな角度から採り上げることができます。

生きた人間を描くにはキャラクター表を作る

またそんなむずかしいことでなくても、例えば学校の授業中におしっこに行きたくても、怖い先生に言えないし、漏れてきそうになる不安、やっと授業が終わってトイレに行くと、先客がいるなどの悩みは、「ああ」と共感されると思います。今の話は視聴率の高い『ちびまる子ちゃん』の一節です。

いい悪いにかかわらず、そんな気持ちになるよね、ということが書けていれば一流作品です。『サザエさん』のそそっかしさも『アンパンマン』のヒューマニズムが歓迎されているのも、人間が描けているからです。

倉本總氏の『六羽のかもめ』は、登場人物に共感を呼ぶものがありますし、今まで書かれなかった人間観察です。山田太一氏の『岸辺のアルバム』における人妻の心の動きは近松門左衛門に通じるものがあります。

ところが多くの作品はストーリーの展開に追われて、パターン的な行動をするものが多いのです。あなたの作品もストーリーに足をとられていませんか。

では生きた人間を描くにはどうしたらいいのか。コツを申し上げましょう。

キャラクター表を作るのです。

充分に人物を描いているつもりでも、実ははっきりしていないものなのです。背は高いのか、眼鏡は掛けているのか、頭に浮かばせることが必要なのです。しかしそれだけではセリフや動作は湧いてはきません。

そこでキャラクター表を作って、その質問に答えてみるのです。そうするといやでも目に浮かんでくるものです。

出典:『月刊シナリオ教室』1990年10月号 「新井一 十則集」/2017年9月号「新井一.com」
次回は11月3日に更新予定です

※新井一は「ドラマとは人間を描くこと」と言います。こちらの記事「ドラマとは何か 改めて考えてみました。」も併せてご覧ください。 

“だれでも最初は基礎講座から”~基礎講座コースについて~

今回の記事をご覧になって「ちょっとシナリオ、書いてみたいな…」と思われたかた、是非お気軽にいらしてください。

シナリオ・センターの基礎講座では、魅力的なドラマを作るための技術を創作初心者のかたでも楽しく学べます。また映像シナリオの技術は、テレビドラマや映画だけでなく小説など、人間を描くすべての「創作」に応用できます。

まずはこちらの基礎講座で、書くための“土台”を作りましょう。

■シナリオ作家養成講座(6ヶ月) >>詳細はこちら

■シナリオ8週間講座(2ヶ月) >>詳細はこちら

■シナリオ通信講座 基礎科(6ヶ月) >>詳細はこちら

お電話でのお申込み・お問い合わせ
TEL 03-3407-6936
営業日時(日祝休)
月曜日〜金曜日 10:00〜20:30
※土曜日は19:30まで

過去記事一覧

  • 表参道シナリオ日記
  • シナリオTIPS
  • 開講のお知らせ
  • 日本中にシナリオを!
  • 背のびしてしゃれおつ