menu

脚本家を養成する
シナリオ・センターの
オンラインマガジン

シナリオ・センター
開講のお知らせ

講座の日程や、受講ポイントを更新
開講のお知らせ

シナリオ・センターの開講情報をお知らせします。ドラマや映画だけでなく小説、戯曲、漫画やアニメの講座の開講、コンクール対策講座もあります。

シナリオの柱 は発想の原点

「シナリオの柱って場所の指定ですよね?そんなに深く考えることありましたっけ?」というかた必読!「なぜその場所なのか」という動機を考えて柱を設定すると名シーンが生まれるかもしれませんよ。

シナリオ・センター創設者・新井一は、『シナリオの基礎技術』『シナリオの技術』などシナリオの書き方に関する書籍をいくつも執筆しています。また、『月刊シナリオ教室』でも連載ページをもち、シナリオの技術を解説していました。その記事は、いま読んでも全く色褪せていません。

そこで、当時の記事を皆さんにご紹介。「シナリオってどう書くの?」という初心者の方も、「一度学んだけど、忘れちゃった…」という方も、これを読めばシナリオ作りが一層はかどります!

どこでラブシーンをさせるか

公園のベンチでラブシーンというのは、あまりに平凡すぎてつまらないので、「このラブシーン、屋根の上にしたら」と言ったところ、「猫じゃあるまいし」と鎧袖一蹴されたことがあります。

屋根の上のラブシーンは猫がするものという既成概念があります。この既成概念が、実は脚本をつまらなくするのですが、その素は、柱を決めるときに考えておくといいのです。

柱とはただ場所の指定だけでなく、指定をするための発想の原点、とでも言えるかもしれません。一蹴されましたが、屋根の上のラブシーンもいいのではないでしょうか。

しかしこの場合考えてもらいたいのは、物珍しいからいいやというのではなく、それなりの動機付けがなくてはなりません。ただその方が面白いからというのではなく、花火のある時で見物をするとか、屋根の雨漏りを直すとか、雪おろしをしながらとか、動機付けがほしいですね。

「柱」には理由(動機)を

何しろシナリオライターは、全知全能の神様と同じで、世界中(いや世界になくても)どこでも、ここで芝居をしようとする時は、柱にその場所を書けばいいのですからね。それだけに、理由(動機)だけはちゃんとつけておきましょう。

またシナリオが初歩の人は、柱の下に(20年後)とか、(数日後)とか書く人がいますが、カメラには時間経過はまったく映りませんので、書いてはいけません。

それから、柱というのはシーンの場所の指定です。シーンはカットの積み重ねで出来ています。カットは例えば「ハッとする太郎の顔」というような、いちばん小さい場面です。これはシーンではなくカットと言います。カットは柱に書いたりせずに、ト書で表現します。

   ハッとする鉄三の顔。
   時計2時を指している。

――と書きます。

これを、

〇ハッとする鉄三の顔
〇時計2時を指している

――と、柱にしてはいけません。 

出典:『月刊シナリオ教室』1991年3月号 「新井一 十則集」/2018年10月号「新井一.com」
次回は6月30日に更新予定です

“だれでも最初は基礎講座から”~基礎講座コースについて~

今回の記事をご覧になって「ちょっとシナリオ、書いてみたいな…」と思われたかた、是非お気軽にいらしてください。

シナリオ・センターの基礎講座では、魅力的なドラマを作るための技術を創作初心者のかたでも楽しく学べます。また映像シナリオの技術は、テレビドラマや映画だけでなく小説など、人間を描くすべての「創作」に応用できます。

まずはこちらの基礎講座で、書くための“土台”を作りましょう。

■シナリオ作家養成講座(6ヶ月) >>詳細はこちら

■シナリオ8週間講座(2ヶ月) >>詳細はこちら

■シナリオ通信講座 基礎科(6ヶ月) >>詳細はこちら

お電話でのお申込み・お問い合わせ
TEL 03-3407-6936
営業日時(日祝休)
月曜日〜金曜日 10:00〜20:30
※土曜日は19:30まで

過去記事一覧

  • 表参道シナリオ日記
  • シナリオTIPS
  • 開講のお知らせ
  • 日本中にシナリオを!
  • 背のびしてしゃれおつ