menu

脚本家を養成する
シナリオ・センターの
オンラインマガジン

シナリオ・センター
開講のお知らせ

講座の日程や、受講ポイントを更新
開講のお知らせ

シナリオ・センターの開講情報をお知らせします。ドラマや映画だけでなく小説、戯曲、漫画やアニメの講座の開講、コンクール対策講座もあります。

ストーリーを考え ない

シナリオ・センター創設者 新井一が『月刊シナリオ教室』で解説していたシナリオの技術。
当時の記事をご紹介。

今回は、「20枚シナリオでは面白いものが書けたのに、長編だとつまらくなる…」とお困りのかた必読。

「ああなってこうなって」とストーリーを考えることをやめてみませんか?

新井一は「ストーリーは23通りしかない」と言っていました。
だからストーリーではなく、シーンを考えるのです。

シーンとは
【指定された場所(=柱)で行われるドラマをシーンといいます。こうしたシーンが沢山集まって、一篇のドラマを作るのです】
<新井一『シナリオの基礎技術』(P19)より>

では、シーンをどう考えればいいか、新井一が解説いたします。

20枚シナリオのときはうまく書けていたのに…

プロを目指す人たちが、240枚や120枚前後の脚本に挑戦することは、それ自体チャンスとして悪くなく、いいことです。

今まで20枚シナリオを着実にやっていた受講生が、「120枚を書いて応募すれば、もしかしたら賞金の500万円(最近はすごいですね)で車が買えるかもしれない」と思ったかどうかわかりませんが、気軽にコンクールに挑戦する人が多くなりました。

ところが20枚時代はうまく書いていた人が、どういうわけかシーンをいい加減に書くようになってしまうのです。ストーリー性が出てきたので、それに追われてそれぞれのシーンに考えを及ぼすことが出来ないのでしょう。それでいい加減になってしまうのです。

「今後の事件」よりも「現在の描写」を丁寧に

映画・テレビは、いずれも描写の対象は映像です。そしてそれは言うまでもなく、シーン単位です。お客さんが面白いか面白くないかは、今後起こるかもしれない事件より、現在の描写を望んでいるのです。

ひとつのシーンを満足に書こうとするならば、季節はどうか、場所はここでいいのか、時間や天気はこれでいいか、さらには板付で誰がいるのか、いや空舞台から始まるのか、誰がどのように登場するのか、いろいろと考えることが出来ます。

それがシナリオの面白さで、もう癖になっていることと思います。ところがシーンを書く時に、どこから始まるのか、誰と誰がどうするのか、その出入り等を考えていないのです。

この間読んだ200枚のシナリオでは、何と300シーンもありました。つまり1枚にも足りないシーンが延々と続いていたのです。

不思議なことにシーンの中のストーリーは続いていますから、何の矛盾も感じないで読むことが出来ます。当人はいいじゃないかというような顔をしていました。

どんな顔でも構いませんが、シーンが描写の基本であって、描写が面白ければシーンも面白くなりますし、見る者に感動を伝えます。逆にこれがストーリーだけ通しているようなシーンになりますと、面白くもなんともありません。

長いものを書こうとするときこそ、シーンをていねいに書いてください。

出典:『月刊シナリオ教室』1992年7月号 「新井一 新井語録」/2019年12月号「新井一.com」
次回は6月9日に更新予定です

※ストーリーではなくシーンを考えることをもっと知るために、こちらの記事「面白い脚本を書くにはキャラクターとシーンを考える」もご覧ください。

“だれでも最初は基礎講座から”~基礎講座コースについて~

今回の記事をご覧になって「ちょっとシナリオ、書いてみたいな…」と思われたかた、是非お気軽にいらしてください。

シナリオ・センターの基礎講座では、魅力的なドラマを作るための技術を創作初心者のかたでも楽しく学べます。また映像シナリオの技術は、テレビドラマや映画だけでなく小説など、人間を描くすべての「創作」に応用できます。

まずはこちらの基礎講座で、書くための“土台”を作りましょう。

■シナリオ作家養成講座(6ヶ月) >>詳細はこちら

■シナリオ8週間講座(2ヶ月) >>詳細はこちら

■シナリオ通信講座 基礎科(6ヶ月) >>詳細はこちら

お電話でのお申込み・お問い合わせ
TEL 03-3407-6936
営業日時(日祝休)
月曜日〜金曜日 10:00〜20:30
※土曜日は19:30まで

過去記事一覧

  • 表参道シナリオ日記
  • シナリオTIPS
  • 開講のお知らせ
  • 日本中にシナリオを!
  • 背のびしてしゃれおつ