menu

脚本家を養成する
シナリオ・センターの
オンラインマガジン

シナリオ・センター

シナリオのヒントはここにある!
シナリオTIPS

シナリオや小説についてなど、創作に役立つヒントを随時アップ!ゲストを招いた公開講座などのダイジェストも紹介していきます。

小説の 心理描写 、映像的に書く

「シナリオのテクニック・手法を身につけると小説だって書ける!」というおいしい話を、脚本家・作家であるシナリオ・センター講師柏田道夫の『シナリオ技術(スキル)で小説を書こう!』(「月刊シナリオ教室」)からご紹介。
今回は心理描写について。「心理描写って書くとダラダラしちゃう…」と頭を悩ましているかたも多いのでは?おそらく、ダラダラ感じてしまうのは映像的ではないからなのでは?映像的に書いてみるとガラリと変わりますよ。では、映像的な心理描写とはどんな文章か?向田邦子さんの小説を引用しながら考えていきましょう。

どのように描写すれば小説の文章として通用するか

小説の「描写」には、主に「情景描写」「人物描写」「心理描写」があると述べました。

この中でもやっかいなのは3つ目の「心理描写」かもしれません。シナリオの基礎講座では、最初にシナリオと小説の違いについて学びます。

シナリオは映像の設計図としての役割があるために、ト書は必要最小限で簡潔に、目に見える(映像にできる)ことしか基本は書けません。

あれから30分経ったが、宏は一歩も動いていない。”といった時間経過、

“宏の身体はまるで岩のように固かった。”といった過剰な形容詞表現。

さらに“宏は婚約者の由美が現れるのを待っていた。”といった人物関係や目的。

そして“宏の由美への愛しいという思いは疑いに満ちようとしていた。”というような心理描写。

小説の地の文ではこうした文章で、宏が婚約者の由美を待っている姿であったり、その心情を書いてしまっても構わないわけです。

問題はどのように「描写」をすると、小説の文章として的確か、通用するかということでしょう。

特に「心理描写」として“宏は現れない由美のことを思っていた。”と書いても何ら問題はないのですが、それではあまりに工夫がなさ過ぎます。

「心理描写」も映像的に書ける?

優れた小説の文章、描写は「情景描写」や「人物描写」をしているうちに、その「心理描写」も読者に伝えていたりします。今回も引用をします。名脚本家から小説家になり直木賞をとった向田邦子の短編『花の名前』から。

台所でじゃがいもの皮を剥いていた。去年とれた古いいもは、ところどころに芽をつくっている。包丁の先を使ってえぐりながら、はじめて母に包丁の持ち方をおそわったときのことを思い出した。あのとき剥いたのも、たしかじゃがいもだった。

「しゃがいもの芽には毒があるんだよ」

薄荷と食い合わせると死ぬ、と教わったような気がする。ライスカレーやコロッケのおかずを食べながら、昼間そとで薄荷のドロップを食べたことに気がつき、どうしようと胸がつぶれる思いをしたのは、いくつのときだったのか。

茶の間で電話のベルが鳴った。

常子はやさしい響きに満足し、機嫌のいい声で返事をしながら、小走りにかけ出して受話器をとった。

弾んだ声で名乗ると、

「奥さんですか」

はじめて聞く女の声だった。

「どなたさま」

しばらく沈黙があって、

「ご主人にお世話になっているものですが」

こんどは常子が黙る番だった。

まさかとやっぱり。

ふたつの実感が、赤と青のねじりん棒の床屋の看板のように、頭のなかでぐるぐる廻っている。

少し長めの引用ですが見事ですね。主婦常子の日常の描写と感覚であったり、性格も動作と合わせて描写をしながら、突然(夫の愛人から)の電話。

それを受けた時の「心理描写」も、実に巧みな映像的な比喩表現を駆使して描かれています。これぞ小説の文章表現です。

出典:柏田道夫 著『シナリオ技術(スキル)で小説を書こう!』(月刊シナリオ教室2017年2月号)より
次回は4月4日に更新予定です

※シナリオ・センターの書籍についてはこちらからご覧ください。

※要ブックマーク!これまでの“おさらい”はこちらで↓
小説家・脚本家 柏田道夫の「シナリオ技法で小説を書こう」ブログ記事一覧はこちらからご覧ください。比喩表現のほか、小説の人称や視点や描写などについても学んでいきましょう。

“だれでも最初は基礎講座から”~基礎講座コースについて~

シナリオ・センターの基礎講座では、魅力的なドラマを作るための技術を学べます。

映像シナリオの技術は、テレビドラマや映画だけでなく小説など、人間を描くすべての「創作」に応用することができます。

まずはこちらの基礎講座で、書くための“土台”を作りましょう。

■シナリオ作家養成講座(6ヶ月) >>詳細はこちら

■シナリオ8週間講座(2ヶ月) >>詳細はこちら

■シナリオ通信講座 基礎科(6ヶ月) >>詳細はこちら

過去記事一覧

  • 表参道シナリオ日記
  • シナリオTIPS
  • 開講のお知らせ
  • 日本中にシナリオを!
  • 背のびしてしゃれおつ