menu

脚本家を養成する
シナリオ・センターの
オンラインマガジン

シナリオ・センター
日本中にシナリオを

みんなの人生にもシナリオは活きている
日本中にシナリオを!

子どもからお年寄りまで、すべての人にシナリオの力を!
あなたの毎日に役立つシナリオの活用例がここにあります。

子どものコミュニケーション力を育てるには ?

毎年、千代田区立番町小学校で行っているキッズシナリオ

日本人は管理・コミュニケーション力が低い…らしい

子どもも大人も、誰にとっても、コミュニケーション力はとても大切です。
小学校や中学校でも、『伝える力』の重要性は高まっています。社会に出ても、その重要性は変わりません。もしかしたら、子どものころよりも求められるかもしれません。お客様や上司や部下など、利害関係が複雑になりますし…

だから大人は、「ちゃんとわかるように言いなさい!」とか、子どもに言うのかもしれませんね。
そうしないと、自分と同じように将来困るのが、目に見えているから。

OECD, “Skills Outlook 2017”のデータを用いて三菱総合研究所が作成したデータによると、
『OECDは、グローバルなバリューチェーンの下で就業者が価値創出していくには、読解力、数的思考力、技術的解決力のほか、管理・コミュニケーション力、そして学び続ける力が重要だとしている※3

日本の就業者は、読解力、数的思考力、技術的解決力、組織適応力に優れるが、管理・コミュニケーション力やSTEM※4力はOECDによる調査対象の28カ国中で平均以下であり、学び続ける力は最低レベルである(図表8-1)』

コミュニケーション力がなければ、どうにもならない世界、すぐそこまで来ているようです。
では、すでにコミュニケーション力に問題ありの大人たちが、子どものコミュニケーション力を育てるには、どうしたらいいのでしょうか?

コミュニケーションに必要な2つの力

コミュニケーションと一言で言っても、定義つけが難しい言葉です。三省堂 大辞林によると
「人間が互いに意思・感情・思考を伝達し合うこと。言語・文字その他視覚・聴覚に訴える身振り・表情・声などの手段によって行う」

 だそうです。

そこで、コミュニケーション力を身につけるために必要になる力は、大きく二つあるのではないかと思います。ひとつは、「想いを伝える創造力」。もうひつとは、「他者を想う想像力」です。

なぜ、二ついるのかというと、伝えるスキルだけでは、伝えるべき相手に届かないからです。
どんなにいい話を、どんなにわかりやすく、聞きやすい声で話したとしても、相手が聞く耳を持たなければ意味がありません。
お腹いっぱいの人に、高級ステーキを御馳走するようなものです。

 

「想いを伝える創造力」とは

「想いを伝える創造力」とは、何でしょうか。
端的に言うと、自分の気持ちや考えなど、伝えたいことを、どうすれば相手に伝わるか常に考え、表現できるようになることではないかと思います。

ここで大人になると陥りがちな間違いが、伝わるように伝える=論理的に伝えるだという思い込みです。
もちろん、論理性は理解を助ける上では必要ですが、論理は頭で理解するにすぎません。理解して、「なるほど」や「なら、やってみよう!」「楽しそうだな」と思ってもらうには、感情にも訴えなければなりません。

だって、「なるほど」と思っても、「なんか、こいつに言われると嫌」とか「わかってるけど、やりたくない」というのは、往々にしてあります。お子さんに「宿題やったの?」といって、「うるさいなぁ、今やるよ!」と言われてしまったら、はい、終了。ご自分のコミュニケーション力を疑ってみましょう。

相手の感情にも訴えられないと、コミュニケーション力があるとは言えないのです。なので、お子さんのコミュニケーション力を育てるには、論理的思考だけを磨いてもダメ、なわけです。

感情に訴え、論理的に伝える方法

感情に訴えつつ、論理的に伝える方法というのはあるのでしょうか。
実は、なかなかありません。大概の場合が、論理的に伝えるという方に、偏っています。右脳左脳でいえば、左脳でしょうか。

お子さんの習い事で、昨今はやりのプログラミング教育も、左脳教育です。論理的思考には向いているかもしれませんが、右脳部分にはあまり働きかけていないように思います。

では、右脳左脳の両方を鍛える方法は何かといえば、物語を書くことです。
なぜなら、映画やテレビドラマの物語を作るシナリオライター・脚本家は、多くの視聴者・観客に伝わるように創作するため、どうすれば伝わるかを、常に考え、表現しなければいけません。

一般的に、物語を作ることは、センスの世界と思われがちです。しかし、センスと同じくらい伝える技術が大切になります。そして、物語を伝える表現技術は、すでに体系化されています。作家は、伝える技術を使って、観客の頭はもとより、観客の心に届けます。
なので、物語作りを通して表現技術を学ぶことで、コミュニケーション力の一つである創造力を育てることができます。

>>どんな技術があるのか知りたい方は、詳しくは「シナリオの勉強方法。面白くする技術をガッツリ解説

「他者を想う想像力」の育て方

相手に伝えるためには、当然、相手のことを考えなければなりません。

相手のことを考えるというのは、自分とは異なる、性格や生い立ち、抱えている事情、その時々の気持ちなどを想像し、相手の立場になることではないでしょうか。

実はこれが、一番難しい。子育ての本、ビジネス書の類を紐解いても、「相手のことを考えましょう」とは書いてありますが、どうやって考えるのか、という具体的な方法は全くと言っていいほど、書いてありません。おそらく、書けないのでしょう。

では、どうすれば、「他者を想う想像力」を育てられるかというと、これも物語作りにヒントがあります。
シナリオライター・脚本家は、物語に登場する人物の数だけ、性格や生い立ち、抱えている事情、その時々の気持ちなどを想像して、セリフやト書を書いていきます。想像力がないと、セリフ一つ書けません。

つまり、物語を書くということは、自ずと自分以外の人のことを考えるということなのです。
これをより体系化していくと、ビジネスや日常にも使える発想法として、整理することができます。

子どもも大人も、コミュニケーション力を磨く

OECD, “Skills Outlook 2017”にもあったように、私たちには、コミュニケーション力が欠かせません。ついでに、学び続ける力も弱いとか…
OECDが出した指標は、あくまで欧米の価値観になぞらえたものだとは思います。とはいえ、私たちの皮膚感覚として、相手に対する「思いやり」が欠けた言動は、身の回りでもニュースでも目にします。私たちが気持ちよく生きていくためには、自分の気持ちをや考えを、相手に伝わるように伝える力が欠かせません。

誰もが同じ考え、性格ではないからこそ、私たち日本人が踏み出すべきは、日本人の良さを生かして上でのコミュニケーション力を育てることではないでしょうか。

お子様のコミュニケーション力を上げたい方、ご自身のコミュニケーション力を上げたい方も、是非、物語作りに挑戦してくださいね。この文章のコミュ力やいかに…シナリオ・センターの新井でした。

シナリオ・センターとは

シナリオ・センターは、ジェームス三木さん、内館牧子さん、赤川次郎さん、鈴木光司さんなど600名以上の脚本家、小説家を業界一輩出する学校です。毎クールの連続ドラマの7割近くの脚本を、出身ライターが執筆しています。

シナリオの専門教育機関として、子どもからシニアの方の想像力と創造性を伸ばすお手伝いをさせて頂いています。詳しくは、「一億人のシナリオ。」をご覧ください。

シナリオ・センター代表の著書『シナリオ力をつける本』もご参考にしてください。ダ・ヴィンチニュースの特集記事「たった3行で日常が変わる“シナリオ力”って?

シナリオ・センターでは、コミュニケーション力を育てる教育機関への出前授業や、ビジネスパーソン向けの企業研修を実施しています。「うちにこんな課題があるんだけど…なんか解決策ある?」など、お気軽にお問合せください。

お問い合わせ

過去記事一覧

  • 表参道シナリオ日記
  • シナリオTIPS
  • 開講のお知らせ
  • 日本中にシナリオを!
  • 背のびしてしゃれおつ