menu

脚本家を養成する
シナリオ・センターの
オンラインマガジン

シナリオ・センター
開講のお知らせ

講座の日程や、受講ポイントを更新
開講のお知らせ

シナリオ・センターの開講情報をお知らせします。ドラマや映画だけでなく小説、戯曲、漫画やアニメの講座の開講、コンクール対策講座もあります。

「月刊シナリオ教室」2016年3月号 読むべし!今年こそ決意を新たにするために

「月刊シナリオ教室」3月号が発売になりました。

第40回「創作テレビドラマ大賞」受賞作のうち、「月刊ドラマ」には載らなかった佳作1編『希望が眠る島』(潮喜久知氏作)と奨励賞2編『幽かな友だち』(別府典子氏作)と『絶滅危惧種人間の反乱』(来島淳也氏作)を掲載。これらの作者は全員在籍生と修了生でした!

そして「伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞」2015の中編の部大賞作、澤田サンダーさんの『ひかりのたび』と審査員奨励賞のうち短編、小檜山長代さんの『澪さんこちら』を掲載。

 それぞれ佳作と大賞受賞者の方々(潮さんと澤田さん)にはインタビューをしています。

また第9回「富士山・河口湖映画祭シナリオコンクール」の最終審査結果を掲載(受賞作と受賞のことばは4月号に掲載)。

20枚シナリオコンクール「新井一賞」の審査結果は昨年12月23日のスぺシャルイベントで発表されましたが、出身ライターでもある審査員の先生方による講評も全員の方々のダイジェスト版を載せているので、当日来れなかった方、もう一度反芻してみたい方は読んでみてね。

また年末恒例の大阪校の5枚シナリオコンクールの最優秀作品も掲載。

――ということで、 3月号はコンクールの結果発表や受賞作掲載づくしとなりました。今回、残念ながら残らなかった方も、「月刊シナリオ教室」を読んで、今年のコンクールに向けて、決意も新たに前向きに取り組んでいきましょう!

「月刊シナリオ教室」20160301a3月号は1冊700円でシナリオ・センター事務局で発売中。なお毎月自宅まで「月刊シナリオ教室」が届く「一の会」のシステムもございます。1年間12冊で送料込の割引価格8500円で取り扱い中。詳細はシナリオ・センター事務局03-3407-6936まで。

 

関連記事

2017.06.21
魅力的なクライマックスシーンの作り方
2017.06.14
ドラマティックな展開を作る方法
2017.05.31
面白い脚本を書くにはキャラクターとシーンを考える
2017.05.26
コンクールビギナーはまず「シナリオS1グランプリ」に応募しよう
2017.05.22
ト書にもキャラクターを出す
2017.05.10
脚本コンクールで最終選考に残るためにはプロデューサー視点
2017.04.28
シナリオ教室5月号を読んで映画『トモシビ』を観よう!
2017.04.28
コンクールで賞をとるにはキャラクターが重要
2017.04.03
「月刊シナリオ教室」2017年4月号に掲載、「イルミナシオンシナリオ大賞」は狙い目!
2017.03.17
4/17(月)開催!あなたの切り口を変える脚本家ジェームス三木さんの公開講座

コンテンツ一覧

  • 表参道シナリオ日記
  • シナリオTIPS
  • 開講のお知らせ
  • 日本中にシナリオを!
  • 背のびしてしゃれおつ