menu

脚本家を養成する
シナリオ・センターの
オンラインマガジン

シナリオ・センター
開講のお知らせ

講座の日程や、受講ポイントを更新
開講のお知らせ

シナリオ・センターの開講情報をお知らせします。ドラマや映画だけでなく小説、戯曲、漫画やアニメの講座の開講、コンクール対策講座もあります。

起承転結の起は全部の シーンに魅力を 作る

「起承転結の起ってどう書けばいいの?」というかたは、今回ご紹介するポイント「オープニング3分」を是非おさえてください!

シナリオ・センター創設者・新井一は、『シナリオの基礎技術』『シナリオの技術』などシナリオの書き方に関する書籍をいくつも執筆しています。また、『月刊シナリオ教室』でも連載ページをもち、シナリオの技術を解説していました。その記事は、いま読んでも全く色褪せていません。

そこで、当時の記事を皆さんにご紹介。「シナリオってどう書くの?」という初心者の方も、「一度学んだけど、忘れちゃった…」という方も、これを読めばシナリオ作りが一層はかどります!

魅力をつけるための構成もある

構成というのは、方法論としては、材料の並べ方である、ということを申し上げました。しかしその並べ方ですが、何でもいいからと、時間的順序だけで話を並べても、理屈としてはわかるのですが、それでは感動を与えることはできません。

では、感動的な並べ方はどうするのかというと、すでに申し上げた「起承転結」、さらに世阿弥の「序破急」、フライタークの「3部5点説」は、すべて観客に対して、いかに感情的に訴えるかという順序を述べたもので、これは洋の東西を問わず、構成は同じということです。

しかしただ話がわかればいい、感情に訴えればいい、それで目的を達したと思いがちですが、それだけでは構成とは言えません。なぜなら、魅力がなければ、どんなに構成がよくても、お客は見てくれません。

オープニング3分に魅力をつける

私たちが、構成だ何だのと言っているのは、お客に見てもらうためですから、見てもらわなければ意味がありません。では、どうするか。ドラマの構成の上に、もうひとつ、魅力の構成を重ねるのです。

つまりドラマの「起」のところは、最大限の魅力を与えるのです。

トップシーンのところは、まだ芝居が始まっていないので、魅力のつけ方はむずかしいのですが、ここに魅力をつけなければ、お客はノッてくれません。

よくテレビでも、オープニング3分と言われます。この3分に魅力を付けないと、テレビはチャンネルを回されてしまいます。

「起」のところは、ドラマが始まる紹介だけでなく、全部のシーンに魅力を作ることです。その後はだんだん少なくなっても、構いません。なぜなら、ドラマが進んでいくので大丈夫なのです。

そしてラストは、クライマックスを過ぎると芝居がなくなりますから、ここでまた魅力をどんどん増やしていくのです。

「起」と「結」にそれぞれ魅力を付けることが、いかに大事か、名作を見ればわかります。ラストシーンに名場面があるのは、実はこの魅力付けによるものです。

出典:『月刊シナリオ教室』1993年6月号「新井一 十則集」/2015年1月号「新井一.com」
次回は4月5日に更新予定です

※動画「受け手の心をどっちでつかむ?ファーストシーンの書き方」もご覧ください。

※「起承転結の承は、 脚本家の才能 の見せどころ」も併せてご覧ください。

※「ケツ、見つめよう。“結”を意識するだけで、伝える力が変わる」も併せてご覧ください。

お電話でのお申込み・お問い合わせ
TEL 03-3407-6936
営業日時(日祝休)
月曜日〜金曜日 10:00〜20:30
※土曜日は19:30まで

過去記事一覧

  • 表参道シナリオ日記
  • シナリオTIPS
  • 開講のお知らせ
  • 日本中にシナリオを!
  • 背のびしてしゃれおつ