menu

脚本家を養成する
シナリオ・センターの
オンラインマガジン

シナリオ・センター
開講のお知らせ

講座の日程や、受講ポイントを更新
開講のお知らせ

シナリオ・センターの開講情報をお知らせします。ドラマや映画だけでなく小説、戯曲、漫画やアニメの講座の開講、コンクール対策講座もあります。

脚本は映像 にするための設計図。だから「絵」を探す

「シナリオを書くと“セリフばっかり”になっちゃう」というかた、次回からセリフ以外で話を展開させる “枷”をご自身につけてみてはいかがでしょうか。今回は「シナリオは映像にするための設計図であること」を再確認しましょう。

シナリオ・センター創設者・新井一は、『シナリオの基礎技術』『シナリオの技術』などシナリオの書き方に関する書籍をいくつも執筆しています。また、『月刊シナリオ教室』でも連載ページをもち、シナリオの技術を解説していました。その記事は、いま読んでも全く色褪せていません。

そこで、当時の記事を皆さんにご紹介。「シナリオってどう書くの?」という初心者の方も、「一度学んだけど、忘れちゃった…」という方も、これを読めばシナリオ作りが一層はかどります!

セリフ以外で話を展開させるために「絵を探す」

視聴率が下がるドラマを考えてみましょう。歴史ものの場合、それは大体年表になっていて、年表、エピソード、年表……という繰り返しです。年表とは理屈ですから、「わかる」のですが面白くはないのです。

ではどうしたらよいのでしょう。今のテレビは、セリフで話をもっていっていますが、セリフ以外ではどうやって話を展開させればよいのでしょう。

我々が目指すものは「絵」です。映像は全部画面でやっているわけですから、その画面を映すことによって、視聴者に「あ、そうか」とわかってもらえばよいのです。

例えば昔の映画監督 山中貞雄さんの作品で、ボロボロの家を写すのですが、ああ、これはもうダメだな、貧乏だな、と思わせるのは、乾いた流しの中で、猫が寝そべっている場面からなのです。その猫を写すだけで、この家はだらしないなあ、とか暑いなあ、とかが表現されてくるのです。

セリフで言うのではなく、そういう場面を探していく。これが実は、「絵を探す」ということです。

視聴者に“見た目”で見せると、登場人物と同じ感情になる

絵で表すことはわかっても、実際の表し方は凡人にはわからないので、俳句のうまい人や絵のうまい人は天才だと言われるわけです。しかしそれでは、すべての人がシナリオライターになれませんから、凡人でも天才になれる技術を考えてみましょう。

ドラマは「(感情に)訴える」ことが大切です。映画というのは200万人が、テレビは2千万人の人が観ます。それだけの人が観てくれないとペイできない、ということです。それほど大勢の人の共感を得なければならないということです。そのためにお客さんの感情に訴えて、わからせるだけでなく、心の琴線に触れなければならないのです。

映画で『ET』などのヒット作を生み出してきたスピルバーグ、彼がそれを実践しています。お客をすべて登場人物にしちゃっているのです。この時に使う技術が「見た目」です。登場人物の「見た目」で映す、ということです。

「見た目」で見せられると、お客は登場人物と同じ感情を持てるのです。

つまり皆さんにはセリフではなく、ト書で苦心してほしいのです。 

出典:『月刊シナリオ教室』1990年8月号「右脳シナリオ上達法」/2018年5月号「新井一.com」
次回は12月1日に更新予定です

“だれでも最初は基礎講座から”~基礎講座コースについて~

今回の記事をご覧になって「ちょっとシナリオ、書いてみたいな…」と思われたかた、是非お気軽にいらしてください。

シナリオ・センターの基礎講座では、魅力的なドラマを作るための技術を創作初心者のかたでも楽しく学べます。また映像シナリオの技術は、テレビドラマや映画だけでなく小説など、人間を描くすべての「創作」に応用できます。

まずはこちらの基礎講座で、書くための“土台”を作りましょう。

■シナリオ作家養成講座(6ヶ月) >>詳細はこちら

■シナリオ8週間講座(2ヶ月) >>詳細はこちら

■シナリオ通信講座 基礎科(6ヶ月) >>詳細はこちら

お電話でのお申込み・お問い合わせ
TEL 03-3407-6936
営業日時(日祝休)
月曜日〜金曜日 10:00〜20:30
※土曜日は19:30まで

過去記事一覧

  • 表参道シナリオ日記
  • シナリオTIPS
  • 開講のお知らせ
  • 日本中にシナリオを!
  • 背のびしてしゃれおつ