menu

脚本家を養成する
シナリオ・センターの
オンラインマガジン

シナリオ・センター
開講のお知らせ

講座の日程や、受講ポイントを更新
開講のお知らせ

シナリオ・センターの開講情報をお知らせします。ドラマや映画だけでなく小説、戯曲、漫画やアニメの講座の開講、コンクール対策講座もあります。

脚本家も プロデューサー的センス を

「お題がないと書けない……」とお悩みの方は、脚本家に必要な“プロデューサー的センス”を培うチャンスです。では、この“プロデューサー的センス”とは?新井一が解説します。

シナリオ・センター創設者・新井一は、『シナリオの基礎技術』『シナリオの技術』などシナリオの書き方に関する書籍をいくつも執筆しています。また、『月刊シナリオ教室』でも連載ページをもち、シナリオの技術を解説していました。その記事は、いま読んでも全く色褪せていません。

そこで、当時の記事を皆さんにご紹介。「シナリオってどう書くの?」という初心者の方も、「一度学んだけど、忘れちゃった…」という方も、これを読めばシナリオ作りが一層はかどります!

売れっ子ライターはプロデューサーと同じ企画力をもっている

よく例に出しますが、自動車の教習所のコースでは素晴らしく運転がうまいのですが、路上に出るとダメな人がいます。路上で起こりそうな基本的なことを知らないのです。

そこでシナリオも、シナリオの上手い人を集めて、路上訓練のような上級コースを開講しました。その訓練中に感じたのですが、シノプシスの書き方がうまくなったり、企画書がうまくなりました()

一応それでいいのですが、何か割り切れないものがありました。それは何か。一番大きな原因はプロデューサーに注文されて書くのと、自分で立案するのとの違いです。

プロデューサ―は、無から有を生む仕事です。しかしライターは通常、注文があって作る仕事がほとんどです。つまり積極的と消極的の違いです。しかしライターでも売れっ子ライターは、ほとんどプロデューサーと同じように企画力を持ち、それを実行する力を持っているのです。

プロデューサー的センス=企画力・洞察力・コーディネイト能力

しかしながら、特に新人である場合は、注文してくれることは皆無に等しいわけで、それを注文にまで持って行くには、プロデューサー的センスがなければ、いつまで経っても陽の目を見ることが出来ません。

では、プロデューサー的センスとは何かというと、まず新鮮な企画力であり、単なる自分の好みにおぼれず、多くの人々のニーズに応える洞察力であり、1つのものにこだわらず、柔軟な適応力というか実行力になってきます。

また新鮮さを作る組み合わせの魅力、言うなればコーディネイト能力というものがなければなりません。

シナリオライターとしても、同じように新鮮な企画力、観客のニーズがわかる洞察力、そして1つだけでなくいろいろな手法を持つということも必要です。さらには誰と誰の大顔合わせというように、組み合わせによる新鮮さなども、必須条件と言えましょう。

出典:『月刊シナリオ教室』1986年10月号 「新井一 巻頭言」/2020年1月号「新井一.com」
次回は9月8日に更新予定です

現在、このような上級コースはございませんが、企画書についてはアドバンス講座として毎年実施しております「売れるアイデア・企画の立て方講座」でお学びいただけます。毎年、開講日が決まり次第、公式サイトおよび弊社Facebook・Twitterで告知いたしますので、ご確認ください。
>>アドバンス講座についてはこちらご覧ください。

“だれでも最初は基礎講座から”~基礎講座コースについて~

今回の記事をご覧になって「ちょっとシナリオ、書いてみたいな…」と思われたかた、是非お気軽にいらしてください。

シナリオ・センターの基礎講座では、魅力的なドラマを作るための技術を創作初心者のかたでも楽しく学べます。また映像シナリオの技術は、テレビドラマや映画だけでなく小説など、人間を描くすべての「創作」に応用できます。

まずはこちらの基礎講座で、書くための“土台”を作りましょう。

■シナリオ作家養成講座(6ヶ月) >>詳細はこちら

■シナリオ8週間講座(2ヶ月) >>詳細はこちら

■シナリオ通信講座 基礎科(6ヶ月) >>詳細はこちら

お電話でのお申込み・お問い合わせ
TEL 03-3407-6936
営業日時(日祝休)
月曜日〜金曜日 10:00〜20:30
※土曜日は19:30まで

過去記事一覧

  • 表参道シナリオ日記
  • シナリオTIPS
  • 開講のお知らせ
  • 日本中にシナリオを!
  • 背のびしてしゃれおつ