menu

脚本家を養成する
シナリオ・センターの
オンラインマガジン

シナリオ・センター

シナリオのヒントはここにある!
シナリオTIPS

シナリオや小説についてなど、創作に役立つヒントを随時アップ!ゲストを招いた公開講座などのダイジェストも紹介していきます。

シナリオの「三人称多視点」と、小説の「一人称一視点」

「シナリオのテクニック・手法を身につけると小説だって書ける!」というおいしい話を、脚本家・作家であるシナリオ・センター講師柏田道夫の『シナリオ技術(スキル)で小説を書こう!』(「月刊シナリオ教室」)から紹介。
今回はシナリオと小説の「人称」と「視点」についてを、それぞれ具体例を出しながら見ていきます。小説は人称と視点をきちんと定めていないと読者が混乱してしまいます。そうならないために、人称と視点についてを理解していきましょう。

シナリオは「三人称多視点」で描く

シナリオは三人称が基本です。
柱で場面を指定して、ト書で最低限のその場面の情景を示し(まったく省略することも)、登場人物を紹介して、人物の行動(アクション)を書き、人物指定をしてセリフとなります。

主人公を中心に物語を運ぶのが基本ですが、カメラが人物たちを映しますので、いわゆる「三人称多視点」となります。

例としてこちらのトップシーンを。
設定としては地方から東京にやってきた主人公が、最初に東京の象徴のような渋谷のスクランブル交差点を歩く。

〇渋谷・スクランブル交差点(夕)
   信号が変わり、人々が行き交う。
   大きなバッグを背負った日野真美(18)が慣れない様子で渡る。
   めざとく見つけた茶髪の佐倉徹(24)、真美に近づくと、
佐倉「ねえ、ねえ、彼女、どこ行くの?」
真美「……(呟く)ナンパだ。わるもんだ」
   真美、佐倉を無視してずんずん歩く。

最初のト書の“信号が変わり、人々が行き交う。”は、○渋谷・スクランブル交差点の最低限の情景描写となります。
渋谷の交差点の情景、混雑ぶりは認知されていますので、特に詳しくト書で書かなくても通用します。
これを省いて、“大きなバッグを背負った日野真美(18)が、人混みにもまれながら渡る。”といったト書から入っても間違いではありません。

人物紹介の初出は日野真美(18)というようにフルネームで年齢も分からせます。
以後、女性は真美、男性は佐倉というように表記しますが、これも単に認識しやすくするためです。

このように書かれたシナリオを、スタッフ・キャストで絵にしていくわけですが、カメラがどういう映像にするかは監督が決めて行きます。

例えば、俯瞰(ロングショット)でスクランブル交差点の歩行者たちをとらえ、カットが変わって、人の波の中をとまどいながら歩く真美を正面から映す。
さらにカメラが真美目線になって、すれ違う人々をとらえていき、渡りきった時に佐倉の顔が現れて、というように。

小説を「一人称一視点」で描く場合は、“私”の目線と見た目で描写する

さて、これと同じ情景を小説として書こうとする場合は、まず柱がありませんので、地の文で場所や時間を分からせなくていけません。

その前に一人称か三人称で描くかという選択があります。

例えば、一人称でその人物目線から書いてみます。皆さんもやってみて下さい。

————ああ、ここが渋谷だ! ようやく私は来たんだ。
テレビや映画で何度も見たけれど、夕方のスクランブル交差点はすごい人だった。
都会の彼らはいかにもそれが当たり前のようにすれ違っていく。
私はほんの十数メートルの向こう側に辿りつこうとするだけで息を切らしてしまった。
背中の大きなバッグが、ながらスマホの女子高生とぶつかって、ガン見された。怖い。
「ねえ、ねえ、彼女、どこ行くの?」
えっ、私に話しているの?
声の方を見ると、いかにもちゃらそうな茶髪男が笑っていた。

一人称の場合、私ならば私の目線、見た目で描写することになります。

問題はさまざまな情報(私や茶髪男の名前や年齢、性別など)も、何らかの方法で表現しなくてはいけません。

出典:柏田道夫 著『シナリオ技術(スキル)で小説を書こう!』(月刊シナリオ教室2014年7月号)より

シナリオ・センターの書籍についてはこちらから

※シナリオ・センター出身で小説家になられた原田ひ香さん。
詳しくはこちらのブログ「原田ひ香さんに聞く シナリオライターから小説家になるには」をご覧ください。 

過去記事一覧

  • 表参道シナリオ日記
  • シナリオTIPS
  • 開講のお知らせ
  • 日本中にシナリオを!
  • 背のびしてしゃれおつ