menu

脚本家を養成する
シナリオ・センターの
オンラインマガジン

シナリオ・センター
開講のお知らせ

講座の日程や、受講ポイントを更新
開講のお知らせ

シナリオ・センターの開講情報をお知らせします。ドラマや映画だけでなく小説、戯曲、漫画やアニメの講座の開講、コンクール対策講座もあります。

「月刊シナリオ教室」2017年4月号に掲載、「イルミナシオンシナリオ大賞」は狙い目!

昨年で第20回を数えた「函館港イルミナシオン映画祭シナリオ大賞」、3年前の受賞作『函館珈琲』は映画化されて公開、好評を博しています。自分の作品が映画になる!こんなステキな体験はありません。ドラマに比べると作品寿命は半永久的です。

にもかかわらず、20回の応募総数は81編と少な目でした。きちんとシナリオの基礎ができているシナリオ・センター生であれば、上位に残る確率は高そうです。

昨年は受賞者全員がシナリオ・センターの修了生と在校生。その受賞作の中からまた映像化作品が出るといいなあと思います。

「シナリオ教室」4月号では受賞作の掲載はもちろん、受賞者インタビューもしていますので、次応募を検討している方はぜひ読んでみてね。締切は例年7月下旬頃です。

出身ライターインタビューはドラマ『銭形警部』、映画『ハルチカ』、そして秋には映画『亜人』とブレイクしている山浦雅大さんが登場。苦労した新人時代についても忌憚なく話してもらっています。

恒例の「20枚シナリオ習作集」は第2弾、5編をお届け。他の人の20枚を読むことは勉強になることはもちろん、すごく刺激になりますよ!

そうそう、気になる第32回「シナリオS1グランプリ」の第1次審査通の結果が速報で出ています。応募された方は要チェック!

他にも情報満載の「シナリオ教室」4月号は1冊700円でシナリオ・センター事務局にて発売中です。

毎月自宅まで雑誌が届く「一の会」のシステムもあります。年間12冊届いて、送料込みで8500円とちょっとお得です。詳しくはシナリオ・センター事務局までお問い合わせください。

関連記事

2017.07.01
脚本コンクールで賞をとる4つのポイント
2017.06.29
月刊シナリオ教室7月号が発売
2017.06.21
魅力的なクライマックスシーンの作り方
2017.06.14
ドラマティックな展開を作る方法
2017.05.31
面白い脚本を書くにはキャラクターとシーンを考える
2017.05.26
コンクールビギナーはまず「シナリオS1グランプリ」に応募しよう
2017.05.10
脚本コンクールで最終選考に残るためにはプロデューサー視点
2017.04.28
シナリオ教室5月号を読んで映画『トモシビ』を観よう!
2017.04.28
コンクールで賞をとるにはキャラクターが重要
2017.04.03
「月刊シナリオ教室」2017年4月号に掲載、「イルミナシオンシナリオ大賞」は狙い目!

コンテンツ一覧

  • 表参道シナリオ日記
  • シナリオTIPS
  • 開講のお知らせ
  • 日本中にシナリオを!
  • 背のびしてしゃれおつ