menu

脚本家を養成する
シナリオ・センターの
オンラインマガジン

シナリオ・センター

代表 小林幸恵が毎日更新!
表参道シナリオ日記

シナリオ・センターの代表・小林幸恵が、出身ライターの活躍や業界動向から感じたことなど、2006年からほぼ毎日更新している日記です。

次々と受賞報告が。

シナリオオ・センター代表の小林です。「日本の劇」戯曲賞2015年を受賞された大阪校の西史夏さんがご挨拶においでくださいました。

20170316a
昨日まで受賞された「檸檬の島」が東京の恵比寿エコー劇場で上演されていたので、大阪から上京されました。
「日本の劇」戯曲賞は、日本劇団協議会と文化庁が主催しており、第一線で活躍している演出家たちが選考し、最優秀賞に選ばれた作品は、必ず応援されるという戯曲賞です。
この栄えある戯曲賞を受賞され、5日間にわたって6公演上演されました。 おめでとうございます。西さんは、映像の方も頑張りたいと意欲的でこれからのご活躍が楽しみです。

喜びのご報告です。
「円谷プロダクションクリエイテイブアワード 金城哲夫賞」
佳作に「命替師」出身ライターの加藤公平さんが
受賞されました。おめでとうございます。
なんと江戸時代を舞台にしている異色作です。

ウルトラマンを超える永久不滅の作品を生み出すことをテーマに行われた「金城哲夫賞」、615編から3編が選ばれました。
今回大賞を受賞された方は、ドラエモンなどを書かれているプロの方で、宇宙人とファーストコンタクトを取った地球人のドタバタを描かれているとか。
「金城哲夫賞」は、永久不滅の作品ということで応募作のハードルは高く、力量が認められた加藤さん、ウルトラマンを超える作品を生み出してくださることでしょう。

「MBSラジオドラマ脚本コンクール」で優秀賞にお二人が選ばれました。
おめでとうございます!!
「彼や彼女も恋をする」元本科荒木伸二さん。
「オムレット1970」作家集団時乃真帆さん。

審査員である毎日放送ラジオ編成部の島修一さんから、 「彼や彼女も恋をする」はスマホ同士の恋という現代的なアイデアを高齢者の恋とうまくからませており、その着眼点は素晴らしいものでした。
「オムレット1970」は、1970年の大阪万博をモチーフにした下町人情ものとして、倒しく医嬉々とした人物描写が光りました。
というすてきな選評をいただきました。

 

「第5回ラジオ日本杉崎智介脚本賞」お二人が受賞されました。おめでとうございます。
優秀賞 「ドア、開けていただけません?」研修科の中島直俊さん。
佳作「松子の知らない世界」元研修科の村本昌子さん。

優秀賞「ドア、開けていただけません?」はラジオドラマ化され、3月25日放送のラジオ日本「カフェ・ラ・テ」で放送されます。

次から次へと受賞のお知らせをいただけること。こんなに幸せなことはありません。シナリオ・センターをやっていて、本当に良かった。 

 

コンテンツ一覧

  • 表参道シナリオ日記
  • シナリオTIPS
  • 開講のお知らせ
  • 日本中にシナリオを!
  • 背のびしてしゃれおつ