menu

脚本家を養成する
シナリオ・センターの
オンラインマガジン

シナリオ・センター

シナリオのヒントはここにある!
シナリオTIPS

シナリオや小説についてなど、創作に役立つヒントを随時アップ!ゲストを招いた公開講座などのダイジェストも紹介していきます。

『イグアナの娘』に学ぶ/ 自分の経験を創作に 活かすには

アニメや漫画にはシナリオ創作に役立つヒントが満載。魅力的なキャラクターとはどんなものなのか。設定だけで面白いと思わせるにはどうしたらいいのか。その答えは話題のアニメや漫画にある!シナリオ・センターでマンガ原作講座やSFファンタジー講座を担当する仲村みなみ講師の『マンガから盗めっ!』『サブカル総合研究所~マンガとアニメと、ときどきラノベ~』(「月刊シナリオ教室」)からご紹介。
今回ご紹介する漫画『イグアナの娘』は、1996年にシナリオ・センター出身の岡田惠和さんが脚色してドラマ化され大変な話題になりました。娘を愛することができない母親と、母から愛されない娘の物語。実は、作者・萩尾望都(はぎお・もと)さんご自身の体験がもとになっているんだとか。皆さんも、「この体験、ネタになる!」と思っても、いざ1つの作品として完成させようとすると、「なかなか難しいな…」と悩んでしまった経験ありませんか?ぜひ参考にしてみてください。

マンガ『イグアナの娘』(小学館)/萩尾望都

注目ポイントは発想
娘がイグアナに見えて、愛することのできない母・ゆりこ。自分は醜いイグアナだから愛されないのだと思い込む娘・リカ。現代的なテーマを描いたファンタジ-。

自分が一番良く知っていることを書く

例の原発事故の影響で東電株が大幅ダウンだそうで、喫茶店でリッチなマダム2人がため息をついていた。「ローリスクハイリターンだってパパ(たぶん夫のこと)が言うから買ったのに。おこづかい〇百万、大損しちゃったわ」だって。

ああそうですか。ていうか、ハイリターンにはハイリスクが伴うのは投資はもちろん結婚も就職も同様で、世界の常識なんですよ、奥さん。そして唐突かつ強引だが、公募作品の題材選びも然りなのである。

講座でよくお話するのだが、多くの応募作の中からきらり光って選ばれるには、仕事、趣味、経験といった『自分が一番良く知っていること』を書くのが得策だ。その世界独特の空気感、ナマな実感や切実な思いは、経験した当事者に叶うはずないからだ。

だからたとえば書店勤務なら「重労働だけど、早朝の書店って本好きにはたまらない空間なの」という作品が書けるし、ママ友との付き合いでへとへとになった経験があるなら「ママ友との壮絶なバトル」がリアルに描けるはず。

……なんだけれど、うっかりすると、事実にひきずられてノンフィクションっぽくなったり、自分可愛さのあまり被害者意識満載の読者手記になってしまう。ではどうするか。そのための答えがこの名作には詰まっている。

「イグアナ+人魚姫」というアイデア

青島ゆりこの目には長女・リカがなぜか醜いイグアナに見え、愛情を持てず冷たく接する。 そんな風に育てられたリカも自分の姿がイグアナにしか見えず、母親に愛される資格も幸せになる資格もないと思い込む。

結婚後も呪縛は続く。生まれた子が母親そっくりの「人間」だったことで、今度はリカが自分の子供を可愛いと思えず苦しむ。

人は、自分の「嫌な醜い部分」をできれば直視したくない。だから自分の分身である子供にそれを見つけたとき、いけないと思いつつもつい憎んでしまう……。

作者自身の体験に基づく母子の近親憎悪の物語だが、抽象的な概念になりがちな「嫌な醜い部分」をイグアナというグロテスクでコミカルな、目に見えるカタチで描く発想がすごい。母に愛されない娘(作者)の恨み節に終始せず、母の苦しみを共有することで自ら解放される結末も、当時まだ母親と和解していなかったはずの作者の内なるメッセージが伝わってくる。

また、ゆりこの事情を『人魚姫』になぞらえて語るのも分かりやすく感情移入させやすい工夫だ。個人的な思いをエンタテイメントに昇華させるために、天才・萩尾望都とて、このようにたくさんの工夫をしているのである。

わたしを産んで愛せなかったでしょ。
愛せなくて苦しかったでしょ

悲しみと慈しみに満ちたこのセリフの重みと結末のカタルシスをぜひご堪能ください。

出典: 仲村みなみ著『マンガから盗めっ!』(月刊シナリオ教室2011年8月号)より

※シナリオ・センターの書籍についてはこちらからご覧ください。

※【要ブックマーク】漫画やアニメには創作のヒントがいっぱい!今まで掲載したこちらのブログをまとめた記事「漫画・アニメのストーリーを書くには」はこちらからご覧ください。

次回は1月14日に更新予定

“だれでも最初は基礎講座から”~基礎講座コースについて~

シナリオ・センターの基礎講座では、魅力的なドラマを作るための技術を学べます。

映像シナリオの技術は、テレビドラマや映画だけでなく小説や漫画原作など、人間を描くすべての「創作」に応用できます。

まずはこちらの基礎講座で、書くための“土台”を作りましょう。

■シナリオ作家養成講座(6ヶ月)  >>詳細はこちら

■シナリオ8週間講座(2ヶ月)  >>詳細はこちら

■シナリオ通信講座 基礎科(6ヶ月)  >>詳細はこちら

過去記事一覧

  • 表参道シナリオ日記
  • シナリオTIPS
  • 開講のお知らせ
  • 日本中にシナリオを!
  • 背のびしてしゃれおつ