menu

脚本家を養成する
シナリオ・センターの
オンラインマガジン

シナリオ・センター
背のびしてしゃれおつ

スタッフが行く、表参道スポット
背のびしてしゃれおつ

しゃれおつなお店や人々が行きかう街、表参道。そこで働くシナリオ・センタースタッフの見たもの触れたものをご紹介します。

出身ライター 坂口理子さんに受講生がインタビュー/『月刊ドラマ』(5月号)に掲載

受講生のおふたりが坂口理子さんにインタビュー!

今年2018年1月に放送されたNHKドラマ10『女子的生活』(全4回)。

見た目は美しい女性。でも、実は男性で、恋愛対象は女性というトランスジェンダーの小川みき(幹生)が主人公の物語。

脚本を担当されたのは出身ライターの坂口理子さん。

なんと、この『女子的生活』がギャラクシー賞の1月度月間賞を受賞しました!
おめでとうございます!

ギャラクシー賞は、放送批評懇談会が日本の放送文化の質的な向上を願い、優秀番組・個人・団体を顕彰するために創設されたもの。

放送批評懇談会が発行している『GALAC』(2018年4月号)には、今回の受賞理由について、

【台詞の一つひとつがとてもシビア。日常にある偏見とそれに対する心の痛みが描かれている】(P62)

【コメディタッチのドラマを通して、日常のそこここでありそうな、彼女たちに対する偏見と、偏見を持つ側、受ける側双方の心の内を描き出している】(P66)

――といったコメントが掲載されています。

坂口さんは、NHK BSプレミアムで今秋放送予定のドラマ『遥かなる山の呼び声』で、山田洋二監督(原作者であり1980年に公開された映画版の監督・脚本も担当)とともに脚本を担当されたりと大活躍中です。

そんな坂口さんに、シナリオ・センターの受講生おふたりが、『月刊ドラマ』の企画でインタビューさせていただきました!

インタビュアーを務めたのは、髙橋洋有さん(作家集団XC)と北原七海さん(131期作家養成講座)。

こちらの模様は、『月刊ドラマ 5月号』(映人社/4月中旬発売)に掲載予定です。
皆さん、楽しみにしていてくださいね!

※映人社さんの公式サイトはこちらからご覧ください。 

プロの脚本家の経験談がナマで聞けます!

シナリオ・センターには、脚本家の方々のお話を聞くことができる機会が沢山!

今回のようなインタビューのチャンスだけでなく、公開講座「Theミソ帳倶楽部~達人の根っこ~」もございます。

3月19日(月)には、出身ライターの那須真知子さんをお迎えします。

那須さんは、現在公開中の吉永小百合さん主演映画『北の桜守』の脚本を担当されています。

ここでしか聞けないお話を聞くチャンスです。
ぜひご参加ください!

※詳細・お申込みはこちらをご覧ください。

坂口理子さんが脚本をご担当『女子的生活』再放送決定!

―再放送日時―

3月12日(月)<1話・2話>
【NHK総合】午前1時45分 ※日曜深夜

3月13日(火)<3話・4話>
【NHK総合】午前1時45分 ※月曜深夜

※DVDは、6月22日に発売予定。

過去記事一覧

  • 表参道シナリオ日記
  • シナリオTIPS
  • 開講のお知らせ
  • 日本中にシナリオを!
  • 背のびしてしゃれおつ