menu

脚本家を養成する
シナリオ・センターの
オンラインマガジン

シナリオ・センター
背のびしてしゃれおつ

スタッフが行く、表参道スポット
背のびしてしゃれおつ

しゃれおつなお店や人々が行きかう街、表参道。そこで働くシナリオ・センタースタッフの見たもの触れたものをご紹介します。

自分のやり方を見直しながら、脚本を書くことに全力疾走!

出身ライター・嶋田うれ葉さん/所属していた大前講師のクラスにも遊びに来てくださいました

迷いがあるなら、自分見直しタイムを!

何年も書いているのに、脚本家になれない。自分はこれでいいのだろうか…。

こう悩んでしまったら、“自分見直しタイム”を設けてみてください。

このアドバイスをしてくださったのは出身ライターの嶋田うれ葉さん。
現在放送中のドラマ『全力失踪』(NHK BSプレミアム/全8回)の脚本を手掛けられています。

先日、『月刊シナリオ教室』の取材にご協力いただいた際、『全力失踪』にまつわるエピソードやシナリオ・センター後輩の皆さんに向けたメッセージをいただきました。

その嶋田さんのコメントから、“自分見直しタイム”とはどうやればいいのかもご紹介いたします。

ドラマ『全力失踪』:第7話のクライマックスは何度も修正

〇嶋田さん:見どころは各話ちりばめられているのですが、やはり主人公の・磯山武(原田泰造)が本当に7年間の『完全失踪』を成し遂げるのか否かを見届けてほしいです!

一体、彼が失踪生活で何を得て、何を失ったのか、私もとことん悩みぬいて書きました。

毎回、捕まりそうで捕まらない主人公の磯山ですが、ついに第7話で、追いかけて来た妻・聖子と会い、直接対決をします。

一体二人が何を語るのか、7話のクライマックスは何度も書き直しをしただけに思い入れもひとしおです。

失踪した夫にぶつける妻・聖子の思い、そしてなぜ失踪したのかを妻に語る、夫・磯山の本音を、ぜひ見ていただけたら嬉しいです。

やみくもに書生き続けるのではなく、
うまくいってなければやり方を変える

〇嶋田さん:このようなコーナーで発言させていただくなんておこがましくて恐縮ですが、私もセンターに通っていた頃は、どうしたらうまくなるのか、プロになれるのか、試行錯誤の連続でした。

習作中、自分に課していたことの1つに、『自分見直しタイム』があります。

ただやみくもに書き続けるのではなく、数か月ごとに、勉強の仕方や仕事につなげるための戦略を見直し、「これでいいのか?」と自分を疑い、うまくいっていなければやり方を変えるのです。

シナリオセンターに5年、10年、20年通えばプロになれるかというと、そう甘い世界ではありません。

頑張っているのにうまくいかない、もう何年もセンターに通っているのにまだプロになれない……とジレンマを抱えている方は、「今のやり方でいいのか」と自分自身を疑い、見つめ直す時間を持つこともひとつだと思います。

そして、これでいいんだ!と思えたら、自分を信じて『全力疾走』して下さい!!

※嶋田さんに書いていただいたサイン&メッセージもどうぞ!(画像参照↓)
「【一流の種 十年の後】というのは、本科のときに同じクラスだった方が仰っていた言葉です。ずっと大事にしている言葉ですね」と嶋田さん。インタビュー中、人に言われた言葉はどんな言葉であっても、受け止め・咀嚼し・創作に活かしている、その真摯な姿勢がとても印象的でした。

主人公と、主人公とは正反対の登場人物が思いっきりぶつかるクライマックス

ドラマ『全力失踪』第7話のクライマックスについて、嶋田さんが仰っていた、

「失踪した夫にぶつける妻・聖子の思い、そしてなぜ失踪したのかを妻に語る、夫・磯山の本音を、ぜひ見ていただけたら嬉しいです」

――という言葉にもぜひ注目してください。

“自分見直しタイム”の際、「きちんとクライマックスが書けているか」を確認するのも大事だと思うからです。

出身ライターの清水有生さんも、クライマックスに関してこう仰っています。

<僕は、クライマックスシーンとは具体的に言うと「主人公の価値観や生き方が変わる瞬間」だと思っています。脚本は、そこに向かって書いていけばいい。そのためには、主人公とは対極にあるキャラクターの登場人物がいないといけない。対極にいる人が主人公を変えてくれるからです。この2人をどうぶつけて、主人公がどう変わっていくのか。そのビジョンとプランをもたないといけないと思っています>

主人公・磯山の本音と、磯山とは正反対の性格である妻・聖子の本音がぶつかる。

こう聞くだけでもう、とんでもないことが起きちゃう予感がします。
こう感じさせるのが「クライマックス」です。
こういうクライマックス、書けてますか?

ぜひ“自分見直しタイム”のときに、こういったポイントでも自分の脚本をチェックしてみて下さい。

※清水有生さんのコメント詳細はこちらのブログ「魅力的なクライマックスシーンの作り方」をご覧ください。  

 

 

ドラマ『全力疾走』(NHK BSプレミアム/全8回)

すべてを捨てて、逃げてしまいたい。そうは思っても、なかなか実行できないのが現実。だったらその“失踪気分”をドラマで!
『全力失踪』は、人生のリセットを求め、現実から逃避し完全失踪に挑む男・磯山武(原田泰造)の笑って泣ける、さすらいの物語。残された妻と娘、追跡する闇金の取立人などなど、磯山を取り巻く魅力的な登場人物たち。エレファントカシマシが歌う主題歌「今を歌え」がクライマックスをさらに盛り上げます。

第7回放送は、10/15(日)22:00から【再放送:10/22(日)16:30】です。磯山はどうなるのか。見届けましょう!

ドラマ『全力疾走』公式サイトはこちらからご覧ください 

関連記事

2017.12.16
出身ライター吉田弥生さん脚本ご担当 連続ドラマW『春が来た』
2017.11.22
文章を書く仕事 出身ライター白石茂樹さんの1日
2017.11.14
出身ライター宇山佳佑さんに学ぶ 目的をもつこと
2017.10.10
自分のやり方を見直しながら、脚本を書くことに全力疾走!
2017.10.07
映画監督・脚本家はどんな1日?~澤田サンダーさんの場合~
2017.09.11
脚本を書くとき必要なのは愛情と情熱
2017.08.09
先輩のオ・シ・ゴ・ト 出身ライター・佐藤万里さんの1日の使い方
2017.08.05
「見捨てず、愛して、書き直して、育てる」/小説家・脚本家としての信条
2017.07.15
講師生活25年。だけど毎回、緊張感を持って本科にのぞんでいます。
【突撃講師インタビュー 原田講師 編】
2017.07.15
プロの脚本家はシーンを意識!
~『貴族探偵』『僕のヤバイ妻』黒岩勉さんのコメントから紐解く~

コンテンツ一覧

  • 表参道シナリオ日記
  • シナリオTIPS
  • 開講のお知らせ
  • 日本中にシナリオを!
  • 背のびしてしゃれおつ