menu

脚本家を養成する
シナリオ・センターの
オンラインマガジン

シナリオ・センター

シナリオのヒントはここにある!
シナリオTIPS

シナリオや小説についてなど、創作に役立つヒントを随時アップ!ゲストを招いた公開講座などのダイジェストも紹介していきます。

小説を一人称で書くときⅠ

「シナリオのテクニック・手法を身につけると小説だって書ける!」というおいしい話を、脚本家・作家であるシナリオ・センター講師柏田道夫の『シナリオ技術(スキル)で小説を書こう!』(「月刊シナリオ教室」)から紹介。
今回は、小説を一人称で書くときのやり方や注意事項について。「一人称で書く場合、その視点者の情報はどうやって書けばいいの?」というお悩みも解決です。

一人称の“私”で書くと決めたら、その視点で通すのが原則

シナリオは三人称多視点ですが、小説はまず一人称か三人称で書くかの選択を作者がします。(実験小説などで“あなたは”“君が”といった二人称もあるがこれは例外とします)

まずは一人称表現について。

例えば、初心者の方が書いたもので、

【私は朝からとても不機嫌だった。天気もずっと雨で私の気持ちを晴れやかにしてくれない。そんな加世を眺めていた小野田も、ここのところずっと仕事がうまくいかずにいらついていた。加世が小野田に当たり散らしたので、彼の心はいっそうブルーからレッドに変わり、持っていた茶碗を投げつけた。私もイライラを爆発させ、包丁を投げ返した。男の胸に深々と刺さった。】

こんな文章が本当にあります。

あえて一人称と三人称もゴチャゴチャに、視点混在で書いてみたのですが、こうした書き方がされると、読者は???で小説に入っていけません。

一人称の“私”で書くと決めたら、まずはその視点で通すのが原則です。

途中から視点者を変える場合は、章を変えたり、センテンスの行を空けるなどして、視点者や人称が変わったことを読者に分からせるのが原則です。

ともあれ、“私”や“僕”“オレ”といった一人称は、書きやすい反面、難しさもあります。

“私”の行動、見たものや心理を書いていけばいいので、読者も感情移入しやすいというのがメリット。

反面、私以外の人物なりの感情や、見ている情景などを伝える方法を工夫しなくていけなくなります。

一人称で書くなら、その視点者の情報をどう伝えるかを考える

また、一人称の場合、その視点者の情報なりをどう伝えていくか、ということも考えなくてはいけません。

前回例とした表現、

【私は18歳の女の子。名前は日野真美、高校の卒業式を終えるなり、夕べの夜行バスで九州からやってきた。 私はあまりの人の多さに、大きな目をくりくりとさせて、あんぐりと口を開けた。】

は、おかしいと指摘しました。

“私”の紹介としての年齢や名前、夜行バスで九州から来たことなどは問題ありませんが、次の“あまりの人の多さに、大きな目をくりくりとさせて、あんぐりと口を開けた。”は、私には自分の顔や表情は見えませんのでおかしいのです。

一人称で書く初心者には、こうしたちょっとした描写のミスはひんぱんに見られます。

他にも多いのは“私はひどく動揺し、真っ青だった。”といった表現。

例えばこういう場合は、“私はひどく動揺していて、鏡に映る顔は真っ青だった。”とか、“私は動揺した。きっと真っ青な顔をしているに違いない。”というように書かなくてはいけないわけです。

上記も“あまりの人の多さに驚いた。私は人から目も口も大きいと言われるけど、その目は見開かれくりくりと回り、口はあんぐりと大きさが増していただろう。”というような。

私以外の人物の心理などを描く場合も同様です。

私である真美の横に、一緒に上京してきた岡崎ミドリがいたとして、“隣に立つミドリもバクバクと高鳴る心臓を抑えていた。”と書くのは視点混在となります。

“ミドリも同じに違いない。胸に手を当てているのは、高鳴る心臓を抑えようとしているのだ。”とか、“私は隣に立つミドリの手をとった。ミドリの心臓の高鳴りが私にも伝わってきた。”といった表現ならば、私の一人称視点が通されていることになります。

出典:柏田道夫 著『シナリオ技術(スキル)で小説を書こう!』(月刊シナリオ教室2014年10月号)より

※シナリオ・センターの書籍についてはこちらからご覧ください。 

過去記事一覧

  • 表参道シナリオ日記
  • シナリオTIPS
  • 開講のお知らせ
  • 日本中にシナリオを!
  • 背のびしてしゃれおつ