menu

脚本家を養成する
シナリオ・センターの
オンラインマガジン

シナリオ・センター
背のびしてしゃれおつ

スタッフが行く、表参道スポット
背のびしてしゃれおつ

しゃれおつなお店や人々が行きかう街、表参道。そこで働くシナリオ・センタースタッフの見たもの触れたものをご紹介します。

脚本を書くとき必要なのは愛情と情熱

吉田玲子さん直筆サイン&コメント

出身ライター・吉田玲子さんご来社

人気テレビアニメ『けいおん!』『ガールズ&パンツァー』のほか、昨年話題になった映画『聲の形』の脚本を手掛けられた出身ライター・吉田玲子さんが先日、『月刊シナリオ教室』の取材でお見えになりました。

吉田さんは、現在公開中の新作映画『夜明け告げるルーのうた』で、湯浅政明監督とともに脚本を担当されています。同作は、アニメーションの映画祭としては最も歴史のある「アヌシー国際アニメーション映画祭」で、長編部門グランプリ・クリスタル賞を受賞しています。

映画『夜明け告げるルーのうた』に関するエピソードのほか、脚本を書く上で必要なことについてもお聞き出来ました!『月刊シナリオ教室』より一足お先にコメントをご紹介します。

映画『夜明け告げるルーのうた』について&後輩の皆さんへ

〇吉田さん:
話の構造的には「影と日向」「陰と陽」「純真さと残酷さ」という相反することをテーマ的にも意識しました。登場キャラクターの人魚のルーが、初めて見た世界を恐れながらも「好き」というシーンは、湯浅監督もわたしも好きな箇所です。

湯浅監督ならではの独特なアニメーション表現が詰まった作品です。
個性的な絵作りをぜひご覧頂ければと思います。

【シナリオ・センター後輩の皆さんへ】
結構、ストイックで地道な仕事だと思っています(仕事はみんなそうかもしれないですけど)。
気持ちはわくわく、脳内は弾けさせつつ、忍耐強く粘り強く根気よく頑張ってください。

■You Tube
TOHO animation チャンネル『夜明け告げるルーのうた』予告映像より

愛情と情熱が何かを生み出す

取材では、吉田さんから貴重なお話を沢山お聞きできました。

なかでも、とても印象的だったのが、直筆サインにも書いてくださった
「いつも心に物語!愛情と情熱が何かを生み出す…と信じています」という言葉。

取材中も吉田さんは、「愛は知識を凌駕する」と仰っていました。

ドラマや映画を観ていると、「これ書くのに凄く調べたんだろうなぁ」と感じること、ありますよね。
研修科ゼミにおいても、後期カリキュラムでは「記者」「刑事」「医者」などの職業が課題テーマになりますので、調べないと書けないこともあるかと思います。

勿論、取材をしたり、きちんと調べることは凄く大切。
実際の現場を調べたり、取材するとドラマに厚み・深みがでますからね。

でも知識だけがあればいいわけじゃない。
吉田さんのこのコメントには、「これを書きたい!」という熱量・愛・尊敬があれば、それは知識を上回るのではないか、という想いが込められています。

ゼミの発表のときも、感じることありませんか?
「自分はこれを絶対に書きたい!」という熱量が伝わる20枚シナリオであれば、たとえ構成的に「ちょっと…」な部分があったとしても聞いているこちら側にアツイものが伝わってきますよね。
そして、「これはこの人にしか書けないものだな」と感じますよね。

皆さん、脚本を書くとき、吉田さんのこの言葉を思い出してくださいね。
愛情と情熱が何かを生み出す、ですよ。

※映画『夜明け告げるルーのうた』の公式ホームページはこちらをご覧ください。

アニメのシナリオを書きたい方にもおススメ!

シナリオ・センターの基礎講座は、ドラマを作るためのシナリオの技術を身につけることができます。「アニメシナリオを書きたい!」という方にもおススメです。
シナリオ・センターの基礎講座についてはこちらから

関連記事

2017.09.11
脚本を書くとき必要なのは愛情と情熱
2017.08.09
先輩のオ・シ・ゴ・ト 出身ライター・佐藤万里さんの1日の使い方
2017.08.05
「見捨てず、愛して、書き直して、育てる」/小説家・脚本家としての信条
2017.07.15
講師生活25年。だけど毎回、緊張感を持って本科にのぞんでいます。
【突撃講師インタビュー 原田講師 編】
2017.07.15
プロの脚本家はシーンを意識!
~『貴族探偵』『僕のヤバイ妻』黒岩勉さんのコメントから紐解く~
2017.06.19
出身ライター・吉澤智子さんに聞く テレビドラマ『あなたのことはそれほど』にかけた想い
2017.05.27
「簡潔」「的確」「あたたかい」。それを私は、受け継ぎたい
【突撃講師インタビュー 上原講師 編】
2017.03.23
シナリオライター志望の皆さん、2017年はシナリオの年になりそうな予感ですよ!
2017.03.10
「2016年にシナリオ・センターが元気なかったのは、代表のせい!」by新井
2017.02.16
面白い長編を書けるようにしたい【突撃シナリオ講師インタビュー!新田講師 後編】

コンテンツ一覧

  • 表参道シナリオ日記
  • シナリオTIPS
  • 開講のお知らせ
  • 日本中にシナリオを!
  • 背のびしてしゃれおつ