menu

脚本家を養成する
シナリオ・センターの
オンラインマガジン

シナリオ・センター
日本中にシナリオを

みんなの人生にもシナリオを活かそう
日本中にシナリオを!

子どもからお年寄りまで、すべての人にシナリオの力を!あなたの毎日に役立つシナリオ力がここにあります。

キャラクターの置き去りに注意!

イスラエルのPoint of You社が開発した全脳型発想開発ツール「コーチングゲーム」。

そのメインツールであるカードを使ってキャラクターを発想し、そのキャラクターのワンシーンを作る「カードで鍛える発想力トレーニング講座」(講師 中澤香織さん)を先日実施しました。

20161213d20161213c20161213b

この講座に参加した、わたくし齋藤、こう反省しました。

シーンを書いたら、キャラクターが出ているか絶対確認しなくちゃ!

――と。


そう感じたのは、自分で作ったキャラクターたちの「出会いのシーン」を書いたときです。

シーンを書き終わってから気づきました。

「あれ?キャラクターが全然でてない…」


みなさん、こういう経験ないですか?

例えば、20枚シナリオで「こういうシーンを書かなきゃ」という思いにとらわれすぎてしまい、結果、そのキャラクターらしいセリフやシーンに全くなっていなかったこと…。

これでは、キャラクター置き去り状態です。
せっかくキャラクターを作ったのに…。


キャラクターが全然出ていない「出会いのシーン」に唖然とした私は、この講座の冒頭を思い出しました。

冒頭、中澤さんが1枚のカードを参加者たちに見せて、「何を思いますか?」と質問しました。

参加者の大半が見たままを答えます。


すると、中澤さんはこう呼びかけました。

【見たままを答えたのでは、カードの状況説明になってしまいますよ!】


状況説明!

そうなんです!

まさに私のシナリオでも同じことが起きていたんです!

「出会いのシーンをどんな感じにしようかな」とばかり考えていたせいで、「こういう出会いのシーンなんです」という単なる状況説明になっていました…。


基礎講座でも、本科や研修科のゼミでも、課題が決まっています。

シナリオ・センターの課題に限った話ではありません。

プロになったらなおさらです。

 

だからこそ、シーンを成立させることばかり考えるのではなく、
そのキャラクターならではのセリフになっているか、
そのキャラクターならではシーンになっているか、を
必ず確認しないといけないんですよね。

 

キャラクターが出てこそ、あなたのドラマは魅力的になります。


新井一の『シナリオの基礎技術』にも、浅田直亮講師の『シナリオパラダイス』にも、

キャラクターを魅力的に作る方法や、セリフやシーンにそのキャラクターを出す方法が書かれています。
みなさま、もう一度、『シナリオの基礎技術』や『シナリオパラダイス』を読み返してみましょう。


そして、キャラクターの置き去りにはくれぐれも注意していきましょう!

コンテンツ一覧

  • 表参道シナリオ日記
  • シナリオTIPS
  • 開講のお知らせ
  • 日本中にシナリオを!
  • 背のびしてしゃれおつ