menu

脚本家を養成する
シナリオ・センターの
オンラインマガジン

シナリオ・センター
日本中にシナリオを

みんなの人生にもシナリオを活かそう
日本中にシナリオを!

子どもからお年寄りまで、すべての人にシナリオの力を!あなたの毎日に役立つシナリオ力がここにあります。

本打ちの後に脚本家がため息をついたら…その本打ちにはグリーンが足りない!

ここ最近、恋愛アプリ系の制作会社からご依頼いただき外部へのシナリオ研修にも繰り出し始めたシナリオ・センターの新井です。恋愛をまるでゲームのように楽しんで来たから、仕事が増えているわけではありません。

「え?制作会社でも研修するの??」
します。明日1/27(水)も朝から夕方まで制作会社のディレクターの方向けの研修です。2月にもあります。大変です。

元々シナリオ・センターの設立の目的の一つに、「日本のドラマ自体のレベルを上げるのだ~」というものがあります。そのために脚本家を養成してきたのです。でも、脚本家だけでドラマを作るわけでありません。プロデューサー、ディレクター(監督)、俳優、衣装、美術、音響、照明・・・などなど、様々な方々が関わってドラマが作られます。もちろん、視聴者も!

「だったら、ドラマの設計図と言われるシナリオが読めないきゃ話にならないよね。書けないとしても、読めないとね!」というのが、創設者新井一の考えです。
なので、恋愛アプリを制作するディレクターの方々に研修をするのも、至極当然なわけです。「書けないとしても、読めないとね!」っていう。

で、実際に脚本家のテンションがだだ下がる本打ちの時のセリフが、こちら。

第1位 「なんか、イマイチなんだよね」

第2位 「ここ、面白くならない?」

第3位 「あの映画の、あのシーンみたいなの入れられない?」

第4位 「ここのシーンは、こういう風にしようよ」

以前ブログでも書きましたが、なぜテンションが下がるのかというと「なぜ、そこ直した方がいいの?」という根拠がよくわからないからです。「シナリオにも、ディレクションにも型がある。型なしの本打ちさようなら。」

ご依頼頂いた制作会社の方は、「個人的な好みや経験に基づいたディレクションを脱したい」とおっしゃいます。
ならば「なぜならね」を言えるようになればいいわけです。個人的な好みや経験に拠らずに。
そうすれば、脚本家の納得感が上がります。直しの打合せ時間は減るし、直しの質も上がりいます。脚本家から、陰で愚痴られずに済みます。いや、相当、尊敬されます!もう、みんな幸せです。
さよなら、個人的な好みや経験。

 

「え?いいか悪いかなんて、好みじゃないの?」と思っちゃった方、まぁ確かにそうなんです。単なる視聴者ならね。

でも、作り手は視聴者にあらず、ですから、より魅力的なドラマを作ろうと思った時には、個人的な好みや個人的な経験を基にしちゃダメなわけです。だって、個人が思うことが、他の人も思うかどうかなんてわからないですから。

じゃあ、何を基にすればいいのか・・・
(これ、大きな声では言えませんが、自作の直しにも使えます)

まずは、ドラマの基本的な構成です。
ドラマの構成には起承転結があります。そして起承転結には、それぞれ機能があります。まず、シナリオが起承転結の機能を果たしているかどうかをチェックします(受講生は、基礎講座でならってますからノート見直してくださいね)。機能ですから、個人の好みもへったくれもありません。
機能をはたしていないシナリオがあれば、そこが直しのポイントになるわけです。

次に、シーンの役割です。
シーンの役割?そう、役割。そのシーンで、一体何を伝えたいのか、です。
例えば、『ヒロインが彼氏の行動に不信感を抱く』とか『太郎と次郎が、お互いを認め少し距離が縮まる』とか、『この会社の特殊な状況を伝える』とか・・・

起承転結の起の機能は、天地人を伝えることなのに、ドラマの舞台となる地(場所)を伝える役割のシーンが足りない、もしくはわかりにくいなら、そこが直しのポイントになります。
起承転結の機能を、各シーンの役割が支えなければならないのですから。ここにも、好みや経験いりません。

最後に、エピソードです。
起承転結の機能、シーンの役割を十分に果たすエピソードになっているのかどうかをみます。その時のポイントは、登場人物のキャラクターです。
このシーンの役割は『ヒロインが彼氏の行動に不信感を抱く』であれば、このヒロインはどんなことで不信感を抱くのか、不信感を抱いたらどんなリアクションをするのか・・・をキャラクターを軸にチェックします。
『太郎と次郎が、お互いを認め少し距離が縮まる』であれば、お互いに認め合うのはどんなことでか、距離が縮まった時、どんなリアクションをするのか・・・をキャラクターを軸にチェックします。

ここまできて初めて、好みや経験でいろいろな意見が出てきます。建設的な本打ちになるわけです。

車で例えてみます。
起承転結の機能は、アクセルやブレーキ、ハンドルです。
アクセルは進むときに使う。
ブレーキは止まる時に使う。
ハンドルは方向を変えるときに使う。

シーンの役割は、
アクセルは、急ぎたいときには踏み込み。
ブレーキは、すぐ止まりたいなら、強く踏む。ゆっくり止まりたいなら、徐々に踏む。
ハンドルは、右に行きたいなら、左に行きたいなら・・・という感じ。好みもくそも、ないでしょう?

で、エピソード。ここで初めて、アクセルをどう踏むか、ブレーキをどう使うか、ハンドルをどっちに切るか、乗り手(書き手・作り手)のクリエイティブな判断が求められます。いっちばん面白い場所を目指せばいいわけです。

最悪なディレクションは、起承転結の機能もシーンの役割も押えないまま、エピソードの部分をいじりだした時です。「木を見て森を見ず」です。森を見ないから、グリーンが足りません。空気、淀みます。

本打ちのヒートアイランド現象や~ってやつです。

森はどこ?
森はそう、構成にあり。構成については、『シナリオの基礎技術』にあり。表紙は、グリーン!基礎があれば、応用なんてなんのそのでございますことよ。

そんなわけで、明日はディレクターの方々に研修をしてきます。なによりも、みんなが同じ方向向いて気持ちよ~くドラマ作りに専念できたらいいじゃないですか。それが、ひいては視聴者やユーザーのためになるわけですし。そのお手伝いをするのがシナリオ・センターなわけです。どうぞ、よろしく。シナリオ・センターの新井でした。

基本手やっぱり大切なんだなとお気づきの方は、基礎講座の開講が間近です。スケジュールはこちらから
ディレクション力を上げる研修について詳しく知りたい方は、新井かライターズバンクの大塚までお問い合わせください。
シナリオ・センターでは、日本中の想像力と創造力を豊かにしていく「一億人のシナリオ。」プロジェクトを様々な機関で実施しています。どんなことができるの?という方、お気軽にお問合せください。詳しくはこちらから

20140606b 

シナリオ・センター代表 小林幸恵 著 BookBeyond http://bit.ly/Ue2KM7
『シナリオ力をつける本』~毎日を楽しくするイメージのチカラ~』

ブックビヨンドより電子書籍として発売。シナリオ・センター代表が、シナリオを書くことで生まれる新しい視点を紹介。「書く」ということがどんな意味を持つのかを考えるきっかけにも!
電子書籍ストア「BookBeyond」Kindleストア、iBooks、楽天Kobo電子書籍ストア他、各店にて2014年6月6日より好評配信中!

関連記事

2017.05.23
本打ちを成功させる脚本家とプロデューサーの関係
2017.05.18
より面白いゲームをユーザーに提供するには、シナリオが大切。
2017.03.14
人間関係にお悩みの方必見!あさイチで紹介『シナリオ日記』のすすめ
2016.08.15
あなたにとってのシナリオって?近すぎて気づかない自分にとって大切なもの。
2016.03.14
ふつ~に憶えているっていうのが、なんかいい気がするんです。何ごとも。
2016.03.03
行きに買ったじゃがりこも活躍。研修旅行で知る万事塞翁が馬。
2016.02.20
「お父さんってヒモなの?」『9次元からきた男』が、身体のなかをすりぬけていく!
2016.02.09
喫煙シーンは18禁!?それって子どものためになるの?ならないんじゃない。
2016.01.28
たった3秒のシーンでも、意味がある!それが名画の名画たる所以なのか!?
2016.01.26
本打ちの後に脚本家がため息をついたら…その本打ちにはグリーンが足りない!

コンテンツ一覧

  • 表参道シナリオ日記
  • シナリオTIPS
  • 開講のお知らせ
  • 日本中にシナリオを!
  • 背のびしてしゃれおつ