シナリオ・センターは「日本中の人にシナリオを書いてもらいたい」と思っている会社です。

シナリオセンター

HOME  >  みんなのシナリオ力。  >  就活生に、ちょっと気にしてもらいたい…大学のキャリア授業で感じたこと

2013.7.9

就活生に、ちょっと気にしてもらいたい…大学のキャリア授業で感じたこと

「えっこれだと、あなたらしさが出てないよね……」

シナリオ・センターの新井です。大学でキャリア関係の授業をさせて頂くことがあります。そんな時、思わず出てしまうのが上のことばです。なんでそんなことを言ってしまうのかと言うと、とってももったいないと思うからです。

就職活動もしくは転職活動中の方、次の一点は押さえほしい!

就職活動もしくは転職活動中で、自己PRや自己推薦などをどう書けばいいのか、どう言えばいいのか迷われている方に、次の一点だけは押さえてほしいと思います。それは自分にしか言えない、自分のセリフになっているかということです。

当たり前ですが、ドラマの登場人物にはキャラクターがきちんと設定されています。いいドラマは、登場人物の名前の部分を消しても、誰のセリフかわかります。例えばわかりやすいのは、アニメです。『サザエさん』のカツオのセリフ、サザエさんのセリフ、マスオさんのセリフは、名前の部分を消したとしても、誰のセリフだかはっきりとわかります。『ワンピース』でも、『ドラゴンボール』でもそうです。落語なんか、その最たる例かもしれません。

 

あなたにしか言えないセリフになっていますか?

シナリオを書いているとき、セリフを言う人物の名前を消しても問題がないようであれば、そのシナリオは結構面白いと思います。逆に、セリフを言う人物の名前を消して、誰のセリフだかわからないようであれば、キャラクターから考え直した方がいいかもしれません。

自己PRや自己推薦についても同じではないでしょうか。自分のセリフになっているか、自分のことばになっているかを確認してみてください。もしも、他の誰が言っても違和感がないようであれば、それはなにもPRできていない可能性が大です。

就職活動をしていると、前向きな気分が失われて、当たり障りない無難な表現に落ち着いてしまうのかもしれません。ですが、シナリオ・センター代表がよく言う「あなた以外はあなたではない」のです。宇宙で唯一の存在である自分というものに自信を持って、自分がやりたいと思う仕事に就いて頂けたらと思います。

先日、高知市教育委員会で実施した「シナリオライティングを通した自己理解と想像力の育成~個性溢れる自己推薦書の書ける生徒の育成を目指して~」については、こちらから

シナリオ・センターでは、「一億人のシナリオ。」プレジェクトを様々な機関で実施しています。ご要望があれば、お気軽にお問合せください。詳しくはこちらから。お問合せは、シナリオ・センター新井まで(電話:03-3407-6936 メールはこちらから

 


関連記事

はじめの一歩は、ここから踏み出せる。

みんなのシナリオ力。

子どもからお年寄りまで、日本中の人にシナリオを書いてもらっているシナリオ・センターの活動を更新中。あなたの毎日に役立つシナリオ力がここにあります。

NEWS

2017年2月
« 1月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728 

アーカイブ