menu

脚本家を養成する
シナリオ・センターの
オンラインマガジン

シナリオ・センター
背のびしてしゃれおつ

スタッフが行く、表参道スポット
背のびしてしゃれおつ

しゃれおつなお店や人々が行きかう街、表参道。そこで働くシナリオ・センタースタッフの見たもの触れたものをご紹介します。

あなたの創作の助けになる「次の一手!」新春!1月編


「次の一手」とは、創設者・新井一が遺したシナリオの技術に関する言葉をドドンッ!ご紹介。

何気に描く物語。
シナリオ・センターの課題シナリオ。
コンクール応募作。

書く時に、思い出してみてください。
「なんとなーく面白いシナリオができあがった」を、
「だから面白いシナリオができたんだ!」にするために。

「次の一手!」は1階事務局の掲示板にもドドンと掲示中です。
お気軽にお越しください。


1月の「次の一手!」はこちら!

 

20161223a

 


「ドラマとは変化である」

感動するということは、変化の瞬間を見た時なのです。

悪い奴がのさばっていたのが滅ぼされたり、

好きな人と別れなければならなかったり、

必ずその人の身の上に変化がある時です。


ですから野球で逆転ホームランを打った時、

観客は一番見た気がするのです。

つまり、お客さまは変化を見に来ているのです。


新井 一
(「目からウロコのシナリオ虎の巻」より抜粋)

関連記事

コンテンツ一覧

  • 表参道シナリオ日記
  • シナリオTIPS
  • 開講のお知らせ
  • 日本中にシナリオを!
  • 背のびしてしゃれおつ