シナリオ・センターは「日本中の人にシナリオを書いてもらいたい」と思っている会社です。

シナリオセンター

HOME  >  表参道シナリオ日記

アーカイブ

■2013年04月の一覧表示

2013.04.27
ものづくりも生きることもすべては人間性にかかってくる
2013.04.26
ゴールデンウイークはネタ作り。好奇心のアンテナ張り巡らして!
2013.04.25
セリフを言ってみる、会話をさせるとその人のイメージ、キャラクターが見えてくるby沖田修一監督
2013.04.24
小説家鈴木光司さんが自ら脚本を書いた「リング」誕生前の「SADAKO」でドキドキしながら過ごす。
2013.04.23
次代のドラマ界を背負って立つ、一流作家の登竜門市川森一賞、第1回授賞式。
2013.04.22
毎日出身ライターのどなたかがテレビに書いていない日はないというすごい事実。
2013.04.19
ベストセラー「猫弁」の大山淳子さんも最初は初心者だった。
2013.04.18
ゆさぶりストってなんだ?心をゆさぶる3つの法則。
2013.04.17
あなたが笑えば、世界は輝くんです
2013.04.16
お二人の映画監督から学ぶこと・・・映画脚本のノウハウ
2013.04.15
運動だって、シナリオが必要。
2013.04.12
角立てしたメレンゲにしようby三谷幸喜
2013.04.11
人が人を育てる
2013.04.10
終わりは始まり。修了は新たなスタートの時。
2013.04.09
自分にしか描けないものを描く。私は私なのだから。
2013.04.08
一億人のシナリオは採用試験から。
2013.04.04
新しい表参道で、作家の目を養う
2013.04.03
出身ライターが春の嵐のごとく・・・。
2013.04.02
俳句もドラマ。人が生きる。
2013.04.01
嘘からでたまことならぬ、嘘からでたドラマ


はじめの一歩は、ここから踏み出せる。