シナリオ・センターは「日本中の人にシナリオを書いてもらいたい」と思っている会社です。

シナリオセンター

HOME  >  開講のお知らせ  >  この髪型にしたい!はっきりイメージがあるのに、伝えるのは難しい。

2016.9.24

この髪型にしたい!はっきりイメージがあるのに、伝えるのは難しい。

なかなかどうして、頭の中にあるイメージを、相手に伝えるのは難しいものです。
美容院に行くたびにそう思う、シナリオ・センターの新井です。

「伝える」と「伝わる」は違うことだと、よく言われます。特に、ビジネスの世界で最近よく目にしたりします。「伝える」は発信側の理屈だけど、「伝わる」は受信側の体験だ!みたいな。

 

「五線紙の上におたまじゃくしを並べたものによって、作曲家の頭にあるものを指揮者なり、演奏者なりに制作に伝えます。それと同じように、映像ではシナリオという形でもって、作家の頭の中の事柄をプロデューサー、監督、俳優、撮影者、舞台美術担当、その他のスタッフに、作家はこうしたイメージをもっているのだと伝えるものです」
新井一『シナリオ虎の巻』 p37

 

このイメージを伝えるというのが、なかなか難しいわけです。
同じ日本語を使っているのに、「伝える」と「伝わる」の間には、深い、深い、溝がある…そんな気がします。
例えば、美容院。
「今回は、ちょっとこんな感じにしたいんだけど……」

と、遠慮がちに美容師さんにお伺いするわけです。どの面下げてとか思われないかな、髪質的に難しいのかなとか、ごちゃごちゃと心の中に雑念を抱えながら。

 

でも、頭の中にははっきりと、「こんな感じ」というイメージが湧いているわけです。もう、頭の中を写真に撮ったら、その髪型になっている自分、写っちゃうもんねってくらいに。

ただどうでしょう。言葉が足りないのか、情報が足りないのか、髪質や顔の形の問題なのか、髪を切って、髪乾かして、セットしてもらった時の髪型は、「いいんだけど、イメージとはちょっと違うんだよな」ってことが大体なわけです。

でも、美容師さんは結構、満足げな顔しているわけです。
きっと、美容師さんのイメージ通りなんでしょう。

ということは、「伝わってない」ってことなんですよね。自分の頭でイメージしていた髪型と美容師さんの頭でイメージしていた髪型が違うわけです。だから、恥ずかしがらずに、伝わるように言わなきゃいけないわけです。お互いの頭の中にあるイメージが重なりあうように。

 

多くの視聴者に「伝わる」シナリオが描けるようになる「シナリオの基礎技術」のように、美容院でも「美容師に伝える基礎技術」があればいいのになぁと思うシナリオ・センターの新井です。
多くの視聴者に「伝わる」シナリオってどうやって身につけるの?という方は、明日9/25(日)に「128期シナリオ作家養成講座」に向けた「無料説明会」がありますので、是非お越しくださいませ。


関連記事

はじめの一歩は、ここから踏み出せる。

開講のお知らせ

シナリオ・センターのシナリオ講座の開講日程、小説や戯曲、漫画やアニメ、コンクール対策などの各アドバンス講座の開講日程や受講ポイントなどを更新しています。

NEWS

2017年2月
« 1月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728 

アーカイブ